【マイナポイント事業を活用】マイナンバーカードと銀行預貯金口座を紐づける方法を解説!

和田永の学歴(高校大学)とWiki経歴!家族と家電楽器の種類も調査!

音楽

 

2022年1月30日放送の「関ジャム∞完全燃Show」に和田永さんが出演します。オープンリール式テープレコーダーを楽器に取り入れるなど、家電楽器を中心に個性的な活動をしている和田永さん。今回はそんな和田永さんのWiki風プロフィールから家族の情報に、出身の高校や大学の学歴に経歴に加え、演奏動画についても調査しました!

 

 

和田永さんのWikiプロフィール

 

和田永さんのWikiプロフィール

名前和田永
生年月日1987年
年齢35歳(2022年現在)
出身東京都
高校堀越高校?
大学多摩美術大学情報デザイン学科

 

和田永さんの本名は非公表ですが、和田永という名前が本名の可能性もあります。公表されている生年月日は1987年であるため、2022年現在は満35歳ということになります。出身地は東京都になり最終学歴は、多摩美術大学情報デザイン学科卒です。中学及び高校などの校名は非公表ですが、アーティストを多数輩出している中高一貫校において生徒会長を務めていたようです。

 

 

 

和田永さんの家族(妻・子供)の情報

 

和田永さんの家族構成における妻、並びに子供などについては非公表になっています。和田永におけるプロフィール、及び経歴などに関しては細かく詳細が公表されていません。そのため妻や子供などの有無や、或いは和田永が独身の場合における彼女の存在も不明です。詳細情報が入り次第こちらにアップいたします。

 

 

和田永さんの学歴(高校・大学)

 

和田永さんの通っていた高校と大学についての情報詳細をこちらで紹介していきます。

 

和田永さんの出身高校:堀越高校か?

 

和田永さんの卒業した高校に関しては公表されていませんが、「アーティストを多数輩出している中高一貫校」という情報だけは入手しました。そこから考えると「堀越高校」が非常に有力になってきますがどうでしょうか。

 

高校名堀越高校
住所東京都中野区中央2-56-2
電話03-3363-7661
設立年度1923年

Google MAP

 

 

 

和田永さんの出身大学:多摩美術大学情報デザイン学科

 

高校を卒業後、和田永さんは「多摩美術大学情報デザイン学科」に通っています。なるほど、なんだか非常にアーティスティックな感じがしてきました。多摩美術大学の詳細がこちらです。

 

多摩美術大学が総額3億円規模の「オンライン対応に係る通信環境等への支援策」を発表 | 大学通信オンライン

大学名多摩美術大学
学部学科情報デザイン学科
住所東京都八王子市鑓水2-1723
電話042-676-8611
偏差値54~60

Google MAP

 

 

 

和田永さんの音楽活動内容と経歴&家電楽器の種類

 

 

和田永さんの音楽活動内容は古い家電及びオープンリール式テープレコーダーなどを、楽器として用いた演奏活動並びに美術作品の制作などになります。所属事務所は自らが主宰する「Open Reel Ensemble」になり、プロジェクト名は「エレクトロニコス・ファンタスティコス」です。

 

和田永さんの活動はユニークなものであり、オープンリール式テープレコーダーを改造し旋律をつくりだします。またブラウン管テレビを叩き音楽を奏でたり、古い家電を楽器として蘇らせることによりインストゥルメンタルミュージックを演奏します。和田永さんが楽器として蘇らせている対象は扇風機とエアコン、ブラウン管テレビや換気扇など使い古された家電になります。和田永さんの凄いところはこれらの古い家電が発する電気信号を、スピーカーに繋げ音階並びに音色などをつくりだすことが挙げられます。

 

 

和田永さんにおける古い家電を並べた光景とエレクトリックな光線などを、交えたライブ風景は音楽と美術のいずれにおいても芸術性が高く評価されています。ライブ風景においてはずらりと円陣となり並んだ、ブラウン管テレビと黒電話やラジオなどで構成されています。

 

現在では見る機会も激減したオーヴァーヘッドプロジェクターにおいては、教材フィルムにあらずして換気扇が乗せられています。古い家電を20余人いずれもが叩いたり回したりを繰り返し、音楽を奏でるプログラム「エレクトロニコス・ファンタスティコス」が展開されます。自称「産卵家」の和田永さんはその中心において、一際楽しそうにブラウン管テレビを叩き足踏みを行っています。

 

そんな和田永さんの演奏スタイルを言葉で表現することは、実際のところかなり難しいといえるでしょう。「ブラウン式ガムラン」は、和田永さんが手がけた家電楽器として有名です。ガムランはインドネシアの伝統音楽になります。金属製と木製や竹製などによる打楽器の合奏において、響き合う共鳴音になり神秘的な雰囲気が漂います。和田永は当該共鳴音を、ブラウン管テレビにおいてつくりだしました。和田永はブラウン管において、発生する静電気を手で捕えます。捕えた静電気を足元に仕込んだコイルにおいて、ギターアンプを通して音が鳴るようにします。その後画面を手で叩く都度に、音が鳴る楽器に変化します。ブラウン管に映る縞模様の本数により、電気の波長が変化し音程も付随するという仕組みです。

 

 

廃棄家電を叩きその打撃音のリズムにおいて、パフォーマンスを行うケースは他にもあります。しかし電子音を引き出すというパフォーマンスは、殆ど聞いたことがありません。芸大卒の和田永さんは本来理系分野が、得意であったなどとの声も聞かれます。和田永さんは2008年に結成した自らが主宰する音楽グループ、Open Reel Ensembleにおいて演奏活動を展開しています。パフォーマンスにおいては、改造したオープンリール式テープレコーダー複数台を操作します。その上でプログラミングされたパソコンとも連動しつつ、エレクトリックな音楽をつくりだします。Open Reel Ensembleにおけるライブ活動は都内を中心に開催され、コロナ禍の現在においても不定期によるオンライン配信を実施しています。

 

Open Reel Ensemble結成当時の和田永さんは多摩美術大学在学中になり、中心メンバーである佐藤公俊さんと吉田悠さんは同級生という関係です。多摩美術大学における授業の課題制作で、和田永さんは偶然佐藤さんとチームを組むことになります。色々なアイデアをだす、或いは提案をするなどの意見交換を行いました。その最中において和田永さんが当時から集めていた、オープンリールを何台も大学に持参しグループの仲間にプレゼンしました。そのときがバンドサウンドの閃いた瞬間です。そして同時期に和田永さんらは、プログラミング及び電子工作などを学習していました。オープンリールとドッキングして、何かやれば熱いという想いで盛り上がったことでしょう。

 

 

 

和田永さんの家電楽器演奏ライブ動画まとめ

 

最後に実際に和田永さんの演奏を肌で感じて頂きたく、そのライブ映像をまとめてみました。とくとその変態っぷりをご覧ください!!

 

CRTelecaster at Home / ELECTRONICOS FANTASTICOS!

 

扇風機ギター/ ELECTRONICOS FANTASTICOS!

 

ブラウン管テレビドラム/ ELECTRONICOS FANTASTICOS!

 

 

 

まとめ

 

2022年1月30日放送の「関ジャム∞完全燃Show」に出演する、家電楽器の異色アーティストの和田永さんを今回ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。これからの活躍に大いに期待しましょう!異色過ぎてまさに独壇場の超絶な人気を得るかも!

  • 和田永さんは、異色の変態家電楽器アーティスト
  • 和田永さんは、廃家電から電子音を取り出すスペシャリスト
  • 和田永さんのサウンドはエレクトロの極み
  • 和田永さんは、多摩美術大学卒業の超天才!

 

コメント

error:Content is protected !!