【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

坂本紫穂の年齢や経歴をwiki調査!和菓子教室の日程や場所&申し込み方法も掲載中!【和菓子作家】

生活

 

2021年9月19日23:00から放送の「情熱大陸」に和菓子作家の坂本紫穂(さかもと しほ)さんが登場します。店舗を構えるわけでもなく、レシピ本も出さない。そんな独自のスタイルをつらぬく坂本紫穂さんの和菓子へのこだわりは「やさしさ」でした。

 

今回そんな和菓子の魅力を発信し続ける和菓子作家の坂本紫穂さんのプロフィールや経歴に加え、気になる結婚の情報に、主催している和菓子教室の日程や場所、料金や申込方法に至るまでくまなく調査しました!

 

この記事で分かること

  • 和菓子作家:坂本紫穂のプロフィール
  • 和菓子作家:坂本紫穂の経歴
  • 和菓子作家:坂本紫穂の結婚(夫・子供)
  • 和菓子作家:坂本紫穂の和菓子教室の情報

 

和菓子作家:坂本紫穂のWiki風プロフィール

 

名前坂本紫穂
よみさかもと しほ
活動名紫をん
生年月日1982年
年齢39歳
出身地栃木県宇都宮市
学歴大卒
和菓子の魅力食べられること
小さいこと
可愛らしいこと

 

和菓子作家の坂本紫穂さんは1982年の生まれで、出身は栃木県宇都宮市です。「紫をん」という非常におしゃれな名前で活動をしています。幼いころから和菓子のことを「優しい存在」として好きだった坂本紫穂さん。7歳離れた妹が乳製品アレルギーでしたが、そんな妹でも食べられるこの日本スイーツに「やさしさ」を感じていたのかもしれません。

 

そんな坂本紫穂さんが、和菓子作家として活動している内容は次のようなことです。

和菓子作家としての活動内容

  • ホテルやレストラン、デザート店、企業などの和菓子の監修やプロデュース、レシピ制作
  • 国内外でイベントやワークショップを実施
  • 百貨店や企業の商品発表会などで制作した和菓子を展示
  • 和菓子教室の開催や雑誌への寄稿

 

今や大好きな和菓子のことで大忙しの坂本紫穂さんですが、午前中に和菓子の企画作りや試作をすませ、午後は打ち合わせを主体に、朝6時に起きて夜22時には眠るような規則正しい生活を心がけているようです。写真から見てもかわいらしく美しい姿の坂本紫穂さん。ライフワークもしっかりとされていらっしゃるようですね。

 

 

 

和菓子作家:坂本紫穂の経歴

 

 

日々美しい和菓子を作っている坂本紫穂さんですが一体どのような経歴を踏んできた方なのでしょうか。一覧でまとめてみたのでご覧ください。

 

和菓子作家:坂本紫穂の経歴(前編)

  • IT企業に就職しコンテンツのプランニングやプロデュース業に携わる
  • 働き過ぎて心身共に疲弊・・途中休職も経験する
  • 28歳の誕生日に「何か一生をかけて取り組めるものはないだろうか?」と思い立つ
  • 2011年の東日本大震災で「一番やりたいことを、今、やらなくては」と和菓子を仕事にする決意をする
  • IT企業を退職(6年間勤務)し、和菓子の勉強をしながらフリーランスで企画の仕事をする
  • 自身の和菓子が世に広がり始め、和菓子作家として働き始める
  • 初仕事として、100人規模のお茶会の和菓子と担当する

 

もともとは大学を経てIT企業に就職した坂本紫穂さんは、仕事に遣り甲斐を感じていましたが、その忙しさに忙殺され、28歳の誕生日に「何か一生をかけて取り組めるものはないだろうか?」と感じ始めます。

 

そしてその思いを決定ずけたのが、2011年の東日本大震災。「一番やりたいことを、今、やらなくては」と和菓子を仕事にする決意をします。ただすぐに会社を辞めてというわけではなく、下記のようなステップを踏んでいきます。

 

会社を続けながら和菓子を勉強

→会社を辞めてフリーランスで働きながら和菓子を勉強

→自身の和菓子が世に認められるようになってから、和菓子作家としてデビュー

 

ここの辺りの計画性がさすがだなと思いますね。大半の人が会社をやめてすぐに夢の方向に走ってしまうと思うのですが、坂本紫穂さんはきちんとステップアップをはかり計画通りに和菓子作家を目指したわけです。

 

以後の坂本紫穂さんの経歴は次のようなものです。いきなり大忙し!といった感じです。笑

和菓子作家:坂本紫穂の経歴(前編)

2013年 映画「利休にたずねよ」で和菓子の監修
2014年 漫画「へうげもの」茶会で和菓子監修
2015年  パークホテル東京にてアフタヌーンティースイーツ監修(3年間)
2015年  韓国光州で開催のWorld Tea Forum 2015で日本を代表し和菓子の展示・講演・ワークショップを行う
2016年  ミラノ・サローネ、サンワカンパニー社の展示ブースにて和菓子のデモンストレーションを行う
2016年 総理公邸の安倍昭恵内閣総理大臣夫人主催茶会で茶菓子を担当
2016年 淡交社月刊誌「なごみ」10月号にて和菓子特集を監修
2017年 香港にてSONY ‘Life Space UX’ 主催の和菓子ワークショップを行う
2017年 ザ・ガーデンオリエンタル大阪にて和菓子を監修
2017年 GINZA SIX内、SIXIÈME GINZAにて塗師・赤木明登の漆器作品とともに和菓子の展示を行う
2017年 New York,Food Film Festival 2017にて和菓子映像「WAGASHI」がBEST FOOD PORN AWARDを受賞
2018年 淡交社月刊誌『なごみ』3月号にて和菓子特集を監修
2019年 創作和菓子の宗家 源 吉兆庵よりコラボレーション和菓子をシリーズで発売
2019年 「食べる」ことで持続可能な社会を目指すプロジェクト、地球料理 -Earth Cuisine-に参画
2020年 フードテック・プロジェクト、OPEN MEALS「サイバー和菓子」和菓子監修
2021年 Louis VuittonのVIPイベントにて和菓子制作
2021年 宗家 源吉兆庵のカフェレストラン K.MINAMOTOにてコラボレーションメニューを提供

 

その他にもNHK「おはよう日本」や BS-TBS番組 『ドリップスタイル ~コーヒーがくれた時間~』、CNN番組『The Keepers』などメディアにも多く出演するようになりました。

 

 

 

和菓子作家:坂本紫穂の結婚(夫・子供)の情報

 

さて気になるのが坂本紫穂さんの結婚情報になりますが、これはどこを調べても掲載はされていませんでした。ご年齢からすると2021年現在39歳ということなので、旦那さんと結婚して子供がいてもおかしくない年齢ではありますが実際のところはどうなのでしょうか。

 

先ほどプロフィールのところでも記載した通り、坂本紫穂さんの生活スタイルは「朝6時に起きて夜22時には眠る」といった規則正しいものになります。例えばこれに旦那さんやお子さんがいたとしたら、それはかなり難しいのではないかな・・と感じますが、一概には言えませんよね。

 

坂本紫穂さんは見た目も非常にきれいな方なので、それでいて和菓子作りが堪能であれば、坂本紫穂さんに魅力を感じる男性はたくさんいらっしゃるでしょう。何か情報がつかめればこちらにもUPしたいと思います。

 

 

 

和菓子作家:坂本紫穂の和菓子教室の日程と申込方法

 

 

坂本紫穂さんは和菓子教室を行っていますが、もちろん超人気!なかなか予約をとることが難しいですね。基本的にはどこか場所を別にかりてそちらで行うことが多いようですが、直近で行われる探し教室をこちらにご紹介しておきますね。ちなみに、現在キャンセル待ちなので申し込みして後は天命を待つ形になります。笑

 

【坂本紫穂先生の和菓子レッスン日程】

教室名坂本紫穂の短期和菓子レッスン in銀座
開催期2021年10月期
開催日10月9日,11月13日,12月11日(第二土曜日)
場所エコールプチピエ銀座
住所東京都中央区銀座1丁目15-8かがやきビル4F 銀座耀ビル
料金【納入金額】税込(10月期)
1.受講料 3ヶ月 3回 14,520円(教材費込み)
2.施設維持費  全クラス共通1期 880円
(1期中 他講座受講中の方は不要)
3.短期コースにつき入会金は不要
《御新規の方の合計納入金額》15,400円
申込方法「入会と受講のご案内」を確認し問い合わせ
email: ecole@email.plala.or.jp
電話 03-6228-7809
受付時間平日(火曜日以外)12時~20時
火曜日16時~20時
土日11時~18時(祝祭日定休)

 

 

 

和菓子作家:坂本紫穂の美しい和菓子を紹介

 

最後に和菓子作家である坂本紫穂さんの美しい和菓子を何点か紹介していきます。これを見ているだけで、坂本紫穂さんの言う和菓子の「やさしさ」が何となく分かる気がします。癒されますよ!

 

ノスタルジア

 

怪しい火

 

ひとしずく

 

椿

 

 

 

 

まとめ

 

今回は和菓子作家の坂本紫穂さんについて、プロフィールや経歴、結婚の情報や和菓子教室の状況をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。和菓子にあまり馴染みのない方も、坂本紫穂さんのつくる「やさしさ」に魅力を感じたのではないでしょうか。

 

和菓子は日本の伝統ある文化です。これからも坂本紫穂さんの活動は多くの企業は飲食業がバックアップをしていくことでしょう。今後の活動にも期待しましょう!

 

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント