【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

尾辻かな子に不祥事疑惑?出身高校大学に家族や結婚子供の情報も!

衆議院総選挙

 

2021年10月19日公示、31日投開票となる衆議院総選挙。その選挙にて立憲民主党として大阪2区で立候補している尾辻かな子(おつじかなこ)さん。今回はそんな尾辻かな子さんの選挙中に起きた不祥事疑惑と彼女のプロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!また、尾辻かな子さんの家族と子供(妻・息子・娘)についても触れていきます!

 

 

尾辻かな子さんが起こした選挙中の不祥事疑惑!

 

さて今回の2021衆議院総選挙がこれから過熱してくるわけですが、はやくも2つほど尾辻かな子さんの選挙活動に不祥事疑惑が出ています。それをお伝えしましょう!

 

コンビニの入り口の真ん前(駐車禁止スペース以外)に駐車

 

 

これはやっちまった感が半端ないですね!コンビニの入り口の真ん前の横断歩道のようなところに、よくもまあ堂々と・・といった感じで駐車しています。ちょっと笑えて来てしまうレベルでいい感じに止まっています。「スタッフの緊急トイレ」・・か。確かに苦しい言い訳かも。笑

 

 

運転中にわき見で携帯で動画撮影している疑惑

 

 

真相は分かりませんが、これは運転席から撮影している可能性が高そうですね。「車両火災が起きているからツイッターをご覧の方はご注意ください」といった趣旨の呟きだったんでしょうが、少し制裁を欠いた気がしますね。これが本当は運転しながらとったものではなかったにしろ、こうした行為は気を付けたほうがよいでしょうね。どうしても人間的にそそっかしい印象を受けてしまいます。

 

 

 

尾辻かな子さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

引用元:https://twitter.com/aritayoshifu

 

まず始めに尾辻かな子さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前尾辻かな子
よみおつじかなこ
生年月日1974年12月16日
年齢46歳
出身奈良県
高校兵庫県立夢野台高等学校
大学高知大学農学部森林科学部(中退)
韓国・ソウル大学校語学研究所に留学
同志社大学商学部に入学
職業介護施設
政党立憲民主党
選挙区大阪2区
特技空手・テコンドー

 

尾辻かな子さんは1974年12月16日生まれの46歳。奈良県の出身です。介護職施設で働いていた経験があります。特技は空手・テコンドーということですから、護身術もバッチリといったところでしょうか。

 

学歴に関して高校と大学は、兵庫県立夢野台高等学校と高知大学農学部森林科学部通っています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

尾辻かな子さんの出身高校:兵庫県立夢野台高等学校

 

尾辻かな子さんが実際に卒業された「兵庫県立夢野台高等学校」について詳しくみていきましょう。

 

尾辻かな子さんの出身高校の情報

高校名兵庫県立夢野台高等学校
住所兵庫県神戸市長田区房王寺町2-1-1
電話078-691-1546
設立年度1925年3月12日
偏差値62

地図:Goole MAP

 

兵庫県にある高校に通っていた高校時代。この「兵庫県立夢野台高等学校」の偏差値は62です。この高校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

兵庫県立夢野台高等学校出身の有名人

  • 井上由美子(脚本家)
  • 雑賀陽平(漫画家)
  • 朝原宣治(短距離走選手(北京、アテネ、シドニー、アトランタ五輪代表))
  • 尾崎小百合(お笑い芸人(かつみ・さゆり))
  • 清水麻椰(MBSアナウンサー)

 

 

 

尾辻かな子さんの出身大学:高知大学農学部森林科学部

 

次に大学時代を過ごした高知大学です。尾辻かな子さんは農学部森林科学部を入学後中退しています。

 

尾辻かな子さんの出身大学の情報

大学名高知大学
学部学科農学部森林科学部
住所高知県高知市曙町2-5-1
電話088-844-0111
偏差値45~62.5

地図:Goole MAP

 

高知大学農学部森林科学部の偏差値は「45~62.5」です。この高知大学出身の有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

高知大学出身の有名人

・塩見俊二(元自治大臣・元厚生大臣)

・三浦朱門(小説家・元文化庁長官)

・石破二朗(元自治大臣・元国家公安委員会委員長・元鳥取県知事)

・村木厚子(元厚生労働省雇用均等・児童家庭局長)

・村山佐織(アナウンサー)

・中田洋平(元サッカー選手)

 

 

 

尾辻かな子さんの家族構成と子供たち(妻・息子・娘・親)

 

引用元:https://twitter.com/RyuichiShigaki

 

尾辻かな子さんの家族についてですが、詳細な情報は分かっておりません。ただ2007年に女性パートナーと結婚をします。ただその数年後には離婚をしています。

 

「LGBTに関する課題を考える議員連盟」での活動もしている尾辻かな子さんだけに「その行為自体が自身の政治活動の一環では?」という捉え方も出てきているそうです。選挙に落選した時と同時に離婚をしていることもあり、そうした見解がでるのも無理ないのかもしれません。

 

ちなみに国会では同性婚について次のように答弁をしています。

 

 

 

尾辻かな子さんの経歴

 

最後に尾辻かな子さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

尾辻かな子さんの経歴一覧

大阪府第2区総支部長(大阪市生野区、阿倍野区、東住吉区、平野区)
大阪府議会議員、参議院議員を経て衆議院議員。
立憲民主党 団体交流局副委員長、大阪府連代表代行。
国会では厚生労働委員会、消費者問題に関する特別委員会に所属。

 

尾辻かな子さんは大阪のおばちゃん!として大阪2区をまとめる立憲民主党の総支部長をつとめています。今回の選挙でもその経歴をいかして、是非当選を勝ち取りたいところです。

 

社会を変える力という視点で下記動画では熱く語っています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、2021年10月31日投開票となる衆議院総選挙に立憲民主党として大阪2区で立候補している尾辻かな子さんのWikiプロフィールや経歴や学歴(高校・大学)に加え、その家族についての情報をお伝えしました。色々お騒がせなおばちゃん議員かもしれませんが、政治のキャリアはあります。期待しましょう!

 

衆議院総選挙
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!