【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

逢坂誠二の学歴(高校大学)とWiki経歴!家族構成(妻・子供)も調査!

社会

 

2021年の第49回衆議院議員総選挙にて、自民党に敗北を喫した立憲民主党。その代表である枝野幸男さんの後任として立候補を表明した逢坂誠二(おおさかせいじ)さん。今回はそんな逢坂誠二さんのWiki風プロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!また、逢坂誠二さんの家族と子供(妻・息子・娘・父母)についても触れていきます!

 

 

 

逢坂誠二さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

引用元:https://mobile.twitter.com/seiji_ohsaka

 

まず始めに逢坂誠二さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前逢坂誠二
よみおおさかせいじ
生年月日1959年4月24日
年齢62歳(2021年現在)
出身北海道ニセコ町
高校北海道倶知安高等学校
大学北海道大学
学部薬学部
前職Mayor of Niseko
(1994年–2005年)
政党立憲民主党
選挙区北海道8区
趣味旅行、読書、音楽
好きボブ・ディラン
座右の銘虚心坦懐


逢坂誠二
さんは1959年4月24日生まれの62歳。北海道ニセコ町の出身です。11年に渡りニセコ町の町長をしてきたことが分かります。その後は政界に入り政治活動を行っています。

 

学歴に関してですが高校と大学は、北海道倶知安高等学校と北海道大学薬学部を卒業しています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

逢坂誠二さんの出身高校:北海道倶知安高等学校

 

逢坂誠二さんが実際に卒業された「北海道倶知安高等学校」について詳しくみていきましょう。

 

逢坂誠二さんの出身高校の情報

高校名北海道倶知安高等学校
住所北海道虻田郡倶知安町
北7条西2-1
電話0136-22-1085
設立年度1922年4月
偏差値44

地図:Goole MAP

 

逢坂誠二さんが通っていた「北海道倶知安高等学校」の偏差値は44です。この高校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

北海道倶知安高等学校出身の有名人

・気田義也(元アルペンスキー選手(インスブルック五輪代表))
・千街晶之(ミステリ評論家)
・ゆうきまさみ(漫画家)
・にしやうち良(俳優)
・京極夏彦(小説家)

 

 

 

逢坂誠二さんの出身大学:北海道大学薬学部

 

次に大学時代を過ごした北海道大学です。逢坂誠二さんは薬学部を卒業しています。

 

逢坂誠二さんの出身大学の情報

大学名北海道大学
学部学科薬学部
住所北海道札幌市北区北8条西5
電話011-716-2111
偏差値50~65

地図:Goole MAP

 

北海道大学薬学部の偏差値は「50~65」です。この北海道大学出身の有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

北海道大学出身の有名人

・横山信一(参議院議員)
・佐田玄一郎(衆議院議員)
・鉢呂吉雄(元経済産業大臣)
・土屋定之(元文部科学省事務次官)
・舟山康江(参議院議員)

 

 

 

逢坂誠二さんの家族構成(親・兄弟・妻・子供)

 

逢坂誠二さんには子供が3人~4人いることまでは分かりました。プロフィールで「扶養家族4人」という記載があり、奥さんを扶養の状態であるかどうかという部分で、この子供の人数が変化してきます。

 

現時点ではそれ以外に詳細の情報が公開されておりませんでした。ひょっとしたら孫までいるもしれませんね。また詳しい情報が入り次第更新していきます!

 

 

逢坂誠二さんの経歴

 

最後に逢坂誠二さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

逢坂誠二さんの経歴一覧

1959年4月、北海道ニセコ町生まれ。倶知
安高等学校、北海道大学薬学部製薬化学科卒業
後、1983年、ニセコ町役場に就職。企画観
光課企画広報係長、総務課財政係長をへて、
1994年、史上最年少の35歳でニセコ町長に
就任。
■国土審議会専門部会委員、北海道生涯学習審
議会委員、北海道大学大学院研究科附属高等法
政教育研究センター研究員、札幌国際大学非常
勤講師
■自治体学会会員、地方自治経営学会会
員、札幌地方自治法研究会会員、日本自治学会
会員、公共政策学会会員

 

逢坂誠二さんはきっと故郷の北海道ニセコ町が大好きなのでしょうね。ニセコ役場の職場の中でも企画観光課、総務課を渡り歩きます。その他さまざまな活動団体の会員になるなど、積極的に様々なものに挑戦しています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、立憲民主党の代表である枝野幸男さんの後任として立候補を表明した逢坂誠二(おおさかせいじ)について記事にしてきましたが、いかがでしたでしょうか。立憲民主党内の「サンクチュアリ」の推薦ということで、当選の可能性は誰よりも高いといえます。これからの立憲民主党を支えるべき人になるのか?注目です!

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!