【マイナポイント事業を活用】マイナンバーカードと銀行預貯金口座を紐づける方法を解説!

野田聖子の家族(夫子供)と出身高校大学に経歴や不祥事をWiki調査!

政治家

 

岸田内閣の下で、地方創生大臣と内閣府特命担当大臣を務めている野田聖子(のだせいこさん。今回はそんな野田聖子さんのWiki風プロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!また、野田聖子さんの結婚や家族と子供(夫・息子・娘・父母)についても触れていきます!

 

 

野田聖子さんの家族構成(夫・子供)と結婚

 

それではまず始めに、野田聖子さんの大事な家族を紹介します。家族構成と各家族の情報を載せていきます。

 

野田聖子さんの家族構成

 

まず野田聖子さんの家族構成は次のようになっています。

続柄名前
本人野田聖子
野田文信
子供野田真輝

 

野田聖子さん本人を含めて、妻と子供(息子)が1人の合計3人家族です。娘はいません。

 

 

野田聖子さんの夫・子供と結婚の話

 

夫は野田文信さんで、野田さんは以前指定暴力団会津小鉄会「昌山組」に所属していたことが発覚してさわぎになったことがあります。

 

野田聖子さんは結婚する前、鶴保庸介さんと事実婚状態でした。しかし不妊治療の考え方の相違で破局をしてしまうのです。その後現在の夫の野田文信さんと出会い結婚。その後アメリカで卵子提供を受け体外受精で息子さんを出産に成功をします。息子さんの名前は野田真輝くん11歳(2022現在)です。

 

 

 

野田聖子さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

 

まず始めに野田聖子さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前野田聖子
よみのだせいこ
生年月日1960年9月3日
年齢61歳(2022年現在)
出身福岡県北九州市
高校田園調布雙葉高等学校
大学上智大学外国語学部
前職帝国ホテル 従業員
政党自由民主党
選挙区岐阜1区
趣味読書 映画鑑賞
パソコン カラオケ
特技夫を怒らせること?
座右の銘初心忘るべからず

 

野田聖子さんは1960年9月3日生まれの61歳(2022年現在)。福岡県北九州市の出身です。前職は帝国ホテルの従業員であったいう野田聖子さんだけに、人当たりのよさは特筆すべきかもしれませんね。それにしても、特技が「夫を怒らせること」と答えているのが、野田さんらしくて非常にほほえましいです。

 

学歴に関して高校と大学は、田園調布雙葉高等学校と上智大学外国語学部比較文化学科を卒業しています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

野田聖子さんの出身高校:田園調布雙葉高等学校

 

野田聖子さんが実際に卒業された「田園調布雙葉高等学校」について詳しくみていきましょう。

 

野田聖子さんの出身高校の情報

高校名田園調布雙葉高等学校
住所東京都千代田区六番町14-1
電話03-3261-0821
設立1875年
偏差値69

地図:Goole MAP

 

野田聖子さんが通っていた「田園調布雙葉高等学校」の偏差値は69です。通称「デンフタ」と呼ばれるこの高校は、お嬢様学校としても有名ですね。ちなみのこの田園調布雙葉高等学校は中途で退学をしています。その後は「ミシガン州ジョーンズヴィル・ハイスクール」を卒業しています。

 

 

 

野田聖子さんの出身大学:上智大学外国語学部比較文化学科

 

次に大学時代を過ごした上智大学。野田聖子さんは外国語学部比較文化学科を卒業しています。

 

野田聖子さんの出身大学の情報

大学名上智大学
学部学科外国語学部比較文化学科
住所東京都千代田区紀尾井町7-1
電話03-3283-3111
偏差値65

地図:Goole MAP

 

上智大学外国語学部比較文化学科の偏差値は「65」です。この上智大学出身の有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

上智大学出身の有名人

・猪口邦子
・小林史明
・島尻安伊子
・西銘恒三郎
・平井卓也

 

 

 

野田聖子さんの経歴と政策

 

最後に野田聖子さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

野田聖子さんの経歴一覧

1987年 岐阜県議会議員

1993年 衆議院議員

1995年 自民党女性局次長

1995年 自民党青年局次長

1996年 郵政政務次官

1997年 自民党環境部会長代理

1998年 郵政大臣

1999年 自民党国会対策副委員長

2001年 自民党政調副会長

2005年 自民党離党

2006年 自民党復帰

2008年 科学技術・食品安全・消費者行政担当大臣

2008年 科学技術・食品安全・消費者行政担当大臣(麻生内閣 再任)

2012年 自民党総務会長

2016年 衆院災害対策特別委員長

2017年 総務大臣(第三次安部第三次改造内閣)

2017年 総務大臣・男女共同参画・マイナンバー制度担当(第四次安倍内閣 再任)

2018年 衆議院予算委員長

2019年 自民党・政治制度改革実行本部長

2020年 自民党幹事長代行

2021年 地方創生・少子化対策・男女共同参画・女性活躍・こども政策担当大臣 孤独・孤立対策担当大臣(岸田内閣11月第二次内閣で再任)

 

野田聖子さんは「今、日本社会で起きているパラダイムシフトとそれに対して政治が何をすべきか、という私の考え方」として6項目を基本政策として挙げています。

1.国会議員定数の削減
2.日本初女性首相として多様性を推進
3.明治時代の価値観を刷新
4.疼痛を緩和
5.人口減少対策
6.子ども支援

 

 

 

野田聖子さんの周りで起きた不祥事情報

 

野田聖子議員の現在の夫 野田文雄さんは以前1989年から1999までの約10年間、指定暴力団会津小鉄会「昌山組」に所属していたそうです。野田文雄さんは1994年に車の交通違反で兄の免許証番号を伝え、私文書偽造の疑いで逮捕され懲役1年執行猶予つき判決を受けました。その後2005年にアダルトサイトのスパム広告メールを約80万通不特定の携帯電話に送り付けメールサーバーの機能をマヒさせたとして「有線電気通信法違反」の疑いで50万円の罰金を受けました。

 

また野田文雄さんは中野猛さんを通じGACTさんと関係が深く、いわゆるGACTコインで知られる「スピンドル」の胴元と報道されました。そして野田議員は野田文雄さんが妻の野田聖子議員を通じて、無登録業者を同席させ金融庁に圧力をかけたのではないかという疑惑が生まれました。

 

 

 

まとめ

 

今回は、第二次岸田内閣の地方創生大臣と内閣府特命担当大臣を務めている、自由民主党の野田聖子さんのWikiプロフィールや経歴や学歴(高校・大学)に加え、その家族についての情報をお伝えしました。期待の女性議員として、期待してその活躍を見守りましょう!

 

 

コメント

error:Content is protected !!