【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

中谷元の家族構成(妻/息子/兄弟)!学歴(高校大学)と経歴をWiki調査!

社会

 

第二次岸田内閣の人権問題担当の首相補佐官に抜擢される可能性が高い、自由民主党の中谷元(なかたにげん)さん。立ち位置としては、人権問題に関する情報収集や政府対応を統括する重要なポストになります。今回はそんな中谷元さんのWiki風プロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!また、中谷元さんの家族と子供(妻・息子・娘・兄弟・父母)についても触れていきます!

 

 

 

中谷元さんの家族構成(親・兄弟・妻・子供)

 

引用元:https://www.instagram.com/

 

それではまず始めに、中谷元さんの大事な家族を紹介します。家族構成と各家族の情報を載せていきます。

 

中谷元さんの家族構成

 

まず中谷元さんの家族構成は次のようになっています。

続柄名前など
本人中谷元
妻(嫁)中谷美弥子
子供(息子)中谷寛
兄弟兄2人弟2人
1人
祖父中谷貞頼
叔母浅井和子

 

中谷元さんはご結婚をされており、妻1人で子供(息子)もいて、幸せな生活を送っています。ちなみに祖父である中谷貞頼は政治家として、叔母の浅井和子さんは弁護士として活躍していました。それでは中谷家のみなさんのことをもう少し掘り下げて調べてみましょう!

 

 

中谷元さんの妻:中谷美弥子さん

 

中谷元さんの妻(奥様)の名前は「中谷美弥子」さんと。中谷元さんよりも3つ年下のご年齢になります。2017年には結婚30周年を祝う真珠婚式にも出席しています。その時の一コマがこちら。

 

引用元:https://mainichi.jp/

 

奥様のウエディングドレス姿がまた輝かしいですね!おしどり夫婦といった最高の写真写りだと思います!

 

 

 

中谷元さんの息子:中谷寛さん

 

中谷元さんと中谷美弥子さんとの間には子供がいます。その息子の名前は「中谷寛」さん。こちらの画像は、2017年に行われた新郎の中谷寛さんと新婦の藤江美鶴季さんとの結婚披露宴のときの写真です。

 

引用元:https://twitter.com/ichiroaisawa

 

頼りになりそうな男気溢れる風貌は、きっと父親である中谷元さんの譲りなのでしょう。どんな仕事についているのかまではまだ調査中です。詳細が分かり次第更新しますね!

 

 

中谷元さんの兄弟と妹

 

中谷元さんは6人兄弟の3番目の子供として生まれました。つまり兄が2人。弟が2人。そして妹が1人といった家族構成であることがわかっています。厳しい父親からはこう言われていたようです。

 

私の家は、男が5人と女が一人の六人兄弟ですが、それぞれ小さい時から父親に、そういった各々の進路が示されていました。

長男は人の命を救うために医者となり、次男は家族を守るために家業を継ぎ、三男の私は人のために役に立つ政治家となり、四男は国家のために奉仕すべく役人 となり、 五男は将来の人類の食糧危機に対処するために魚の養殖を研究するという具合に、それぞれの適性によって異なった方向付けが示されました。

引用元:https://nakatanigen.jp/

 

中谷元さんは父親の発言に疑問をもつことなく真っすぐに政治家を目指したというわけです。ちなみに中谷元さんの妹さんは「KADOKAWA」の新社長である「夏野剛」さんと結婚をしています。

 

 

 

中谷元さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

引用元:https://www.instagram.com/

 

まず始めに中谷元さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前中谷元
よみなかたにげん
生年月日1957年10月14日
年齢64歳(2021年現在)
出身高知県高知市
高校土佐高等学校
大学防衛大学校
本科理工学専攻
前職陸上自衛官
政党自由民主党
選挙区陸上自衛官
趣味ラグビー、読書
囲碁、俳句
アイドル歌謡
特技新極真会空手(名誉三段)

 

中谷元さんは1957年10月14日生まれの64歳。高知県高知市の出身です。前職は陸上自衛官として活躍し、非常に男気溢れる政治家の1人です。ただその割に「アイドル歌謡」が好きなようで、なんと1970年代の楽曲であれば振り付けも含めて完璧に真似することができるというから驚きです。噂によると、石破茂さんの前で欅坂46の不協和音を披露したこともあるそうですよ・・!

 

学歴に関して高校と大学は、土佐高等学校と防衛大学校本科理工学専攻を卒業しています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

中谷元さんの出身高校:土佐高等学校

 

中谷元さんが実際に卒業された「土佐高等学校」について詳しくみていきましょう。

 

中谷元さんの出身高校の情報

高校名土佐高等学校
住所高知県高知市塩屋崎町1-1-10
電話088-833-4394
設立年度1920年
偏差値69

地図:Goole MAP

 

中谷元さんが通っていた「土佐高等学校」の偏差値は69で、これは高知県の高校の中でもトップの数字になっています。この高校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

土佐高等学校出身の有名人

・黒鉄ヒロシ(漫画家)
・坂東眞砂子(小説家)
・尾崎正直(高知県知事)
・北村総一朗(俳優)
・浜田省司(高知県知事)
・谷岡慎一(アナウンサー)
・村木厚子(元厚生労働省雇用均等・児童家庭局長)

 

 

 

中谷元さんの出身大学:防衛大学校本科理工学専攻

 

次に大学時代を過ごした防衛大学校です。中谷元さんは本科理工学専攻を卒業しています。

 

中谷元さんの出身大学の情報

大学名防衛大学校
学部学科本科理工学専攻
住所神奈川県横須賀市走水1-10-20
電話046-841-3810
偏差値60

地図:Goole MAP

 

防衛大学校本科理工学専攻の偏差値は「60」です。この大学時代に、中谷元さんはラグビー部に所属していたそうです。この防衛大学校出身の有名人には次のような方がいらっしゃいます。意外と政治家になる方が多く、やはり防衛関係の職種に就く方が多いようです。

 

防衛大学校出身の有名人

・中谷真一(衆議院議員)
・宇都隆史(参議院議員)
・佐藤正久(参議院議員)
・尾辻秀久(参議院議員)
・森本敏(元防衛大臣)

 

 

 

中谷元さんの経歴

 

最後に中谷元さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

中谷元さんの経歴一覧

・昭和32年10月14日(1957年)高知市に生まれる。

・土佐中・土佐高を経て、防衛大学校に進学。

・昭和55年、陸上自衛隊に入隊。レンジャー教官等歴任。

・昭和59年12月、二等陸尉で退官し、政治家を志す。

・平成2年2月、第39回総選挙において初当選。

・以来、連続当選を果たし、10期目。

【 衆議院当選後の略歴 】

・平成 7 年 国土政務次官

・平成 7 年 自由民主党高知県支部連合会会長(~平成17年)

・平成 9 年 郵政政務次官

・平成12年 自治総括政務次官

・平成13年 国務大臣 防衛庁長官(第64代)

・平成15年 自由民主党 副幹事長

・平成19年 自由民主党 安全保障調査会長

・平成21年 自由民主党 人事委員長

・平成22年 自由民主党 情報調査局長

・平成23年 自由民主党 政務調査会長代理

・平成24年 自由民主党 副幹事長(特命担当)

・平成26年 自由民主党 幹事長特別補佐

・平成26年 自由民主党安全保障法制整備推進本部 本部長

・平成26年 防衛大臣(第14代) 兼 安全保障法制担当大臣

・平成27年 防衛大臣

・平成28年 防衛大臣(8/3離任)

・平成29年 自由民主党 安全保障調査会長

・平成30年 自由民主党 憲法改正推進本部長代行

・令和 元年 自由民主党 憲法改正推進本部 本部長特別補佐

・令和元年 自由民主党 中央政治大学院長

【現在の主な役職】 (令和2年2月4日現在)

◎衆議院

・安全保障委員会 委員

・憲法審査会 委員

◎自由民主党

・憲法改正推進本部 本部長特別補佐

・中央政治大学院学院長

・高知県第1選挙区支部 支部長

・高知県支部連合会会長

◎国会ラグビークラブ会長、2019ラグビーワールドカップ成功議員連盟 会長

 

中谷元さんは政界での経歴も長くキャリアは十分です。今回の岸田内閣では人権問題担当の首相補佐官としてこれから活躍していくことになると思いますが、これまで人権問題に携わってきた経歴を考えても適任であるといえるのではないでしょうか。これからも活躍にまだまだ期待して見守りましょう!

 

中谷元先生のよる政治のインターネット講座がこちら!結構為になるんです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、第二次岸田内閣の人権問題担当の首相補佐官に抜擢される可能性が高い、自由民主党の中谷元さんのWikiプロフィールや経歴や学歴(高校・大学)に加え、その家族(妻・子供・兄弟・妹)についての情報をお伝えしました。

 

これからまだまだ政界で活躍されるであろう中谷元さん。岸田内閣での重役をこなし更なるステップアップをはかっているはずです。応援しましょう!

 

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!