【マイナポイント事業を活用】マイナンバーカードと銀行預貯金口座を紐づける方法を解説!

美山加恋の家族構成(父母姉)と学歴(高校大学)!子役経歴もまとめた!

芸能

 

あの有名なファンタジー小説「ハリー・ポッター」の舞台で『嘆きのマートル』を演じる美山加恋さんについて今回は様々な情報を検索、検証してみました。Wikiプロフィール情報に、家族構成(父母姉)・出身高校に加え彼女が演じる『嘆きのマートル』という役柄についても調べておりますので、ぜひ最後までご覧になってみてください!

 

 

美山加恋さんの家族構成(父母姉)

 

 

美山加恋さんの家族構成は母親・父親・姉から重なる四人家族、あるいは父のいない母子家庭であるといわれております。

 

美山加恋さんの家族構成

続柄名前など
本人美山加恋
父親(調査中)
母親いる
いる

 

家族の方々について詳細な情報を調べた結果がこちらになります。

 

 

美山加恋さんの父親と母親

 

幼いころは母親が美山加恋さんのマネージャーとして活躍していたようで、撮影現場に二人で向かっていったそうです。その時、母親に芸能界のしきたりやビジネスマナー、大人との付き合い方などを厳しく言われていたそうです。こういったことから、お母さんはかなり厳しい人であったことがうかがえるでしょう。恐らく悪い言い方をすればステージママ的な人であったのかもしれません。

 

一方の父親についてですが、何も明かされておりません。一部では母子家庭ではないかといわれておりますが、であるなら両親は離婚したというような情報が開示されるので個人的にはしていないのではないかと思われます。恐らくお父さんが存在しているなら、芸能界については門外漢なのでとやかくは言わないという姿勢でいたのかもしれませんね。

 

 

美山加恋さんのお姉さん

 

そして、美山加恋さんにはお姉さんが居るといわれております。現在判明している情報をまとめると次のような感じになります。これは美山加恋さん自身が公開していたものになります。

 

美山加恋さんのお姉さんの情報

・二つほど年齢が上
・ツンデレの可能性あり
・家族思いで親孝行
・いい人
・基本的には塩対応

 

こちらから察するに、美山加恋さんのお姉さんは2022年現在27歳。基本いい人ではあるが「塩対応」や「ツンデレ」というような今風ワードも重なった個性的な性格をしているようですね。恐らく芸能界で活躍をしているというわけではなさそうですね。

 

 

 

美山加恋さんのWikiプロフィール情報

 

 

美山加恋さんの情報について複数のサイトで検索してみたところ、以下のような情報がわかりました。

 

美山加恋さんWikiプロフィール

名前美山加恋
よみみやまかれん
生年月日1996年12月12日
年齢25歳(2022年現在)
出身東京都東村山市
高校調査中(複数説あり)
大学進学せず
身長152cm
体重調査中
血液型AB型
事務所ホリプロ

 

美山加恋さんは、1996年12月12日生まれの25歳(2022年現在)です。東京都東村山市の出身であると公表されています。血液型はAB型で身長は152cmと小柄な体型をしています。現在は大手芸能事務所である「ホリプロ」に所属をしており、その才能を磨いています。

 

 

 

美山加恋さんの学歴(高校と大学)

 

美山加恋さんの学歴はどのようなものになっているのでしょうか。美山さんの出身高校については複数諸説ありますが、現時点では堀越高等学校ではないかといわれております。堀越高等学校の詳細な情報がこちらです。

 

高校名堀越高等学校
住所東京都中野区中央2-56-2
電話03-3363-7661
設立年度1923年

Google MAP

 

この堀越高等学校は芸能界御用達の高校といわれており、今まで多くの芸能人を輩出してきた一種の養成所のようなものになっているそうです。安達祐実さんや稲垣吾郎さんなどがこの学校の出身者であるといわれております。

 

芸能人の方の多くは撮影で時間がなく、また芸能界以外の社会を経験していないためそういった彼らのために作られたのがこの堀越高等学校だといわれております。しかしながら、これらも情報は定かではなく一部事情通たちの間であげられる説の一つにすぎません。美山加恋さんは高校については「楽しかった」といっていることから、彼女のハイスクールライフは楽しいものであったのは間違いないでしょう。

 

また、大学進学についてですが、美山さんは成人した暁に更新したブログ内で「社会人になってしまいました」と書いていることから大学進学の道はおそらく考えていなかったのだろうとされております。

 

 

 

美山加恋さんの経歴:子役時代など

 

 

美山さんは2002年に舞台劇に出演したことで子役としてデビューします。2004年には「僕と彼女と彼女の生きる道」で主人公である草彅剛さんの娘役としてデビューします。その際には大人顔負けの演技力を披露して、天才子役として一躍有名人になります。

 

それから複数のドラマや舞台劇に出演し、2012年、彼女が16歳のころには舞台劇「神様の観覧車」で初主演を任されます。さらに吹き替えの仕事に興味があった彼女は2016年以降は声優としてのキャリアにも挑戦しました。

 

2017年には人気シリーズプリキュアの最新作であった「キラキラ☆プリキュアアラモード」にてキュアホイップを演じて主人公を演じました。また「スパイダーマン:ホームカミング」でスパイダーマンと恋に落ちるヒロインを演じ話題を集めました。更に、翌2018年には「アイカツ」で蝶乃舞花を演じ、話題を集めています。

 

ちなみにこちらが劇場版「キラキラ☆プリキュアアラモード」の初日あいさつを行ったときの模様です。ヒロインを務める美山加恋さんの姿が輝いています!

 

このように美山加恋さんはアニメ・ドラマ・舞台を問わず活躍しているマルチな才能を持った女優であるといえるのです。

 

 

 

美山加恋さんの演じる嘆きのマートルの役どころと見どころ

 

 

彼女が演じる嘆きのマートルというキャラクターについてですが、シリーズ2作目である「ハリー・ポッターと秘密の部屋」で初登場となります。50年前にホグワーツ魔法魔術学校にいたものの、悲劇の事故で命を落とした少女の幽霊というキャラクターになっております。

 

実は彼女の死には黒幕であるヴォルデモートが大きく関わっており、ただのにぎやかし要員ではなく大きなキーを持つキャラクターとしてでてきます。そんな彼女がハリーと出会い、彼に事件の背後に隠れた真実を明かすシーンが本作の見どころにもなっております。

 

こうした役を美少女である美山加恋さんが演じることに、多くのファンが歓喜しているというわけですね!舞台の公開が今から楽しみです。

 

 

 

美山加恋さんについてまとめ

 

今回は美山加恋さんについて様々な情報を調べました。内容をまとめると以下のようになります。

 

・美山加恋さんには二つほど年齢の離れた姉がいる。
・美山加恋さんの出身校は堀越高等学校ではないかという説がある。
・美山加恋さんは声優にも挑戦するマルチな才能の持ち主。
・美山加恋さんが演じる『嘆きのマートル』はただの色物ではなく作品の謎を握る重要人物。

 

そんな美山加恋さんですが、なんと次に演じたいキャラは「悪女」だそうです。元々は演技派だった彼女、いい加減清純派のキャラにはうんざりしているのかもしれません。彼女の演じる悪役はどんなものか気になりますね!

 

 

コメント

error:Content is protected !!