【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

三奈木亜星の出身中学や小学校の経歴は?外国人家族や兄弟&進路について調査!浦和学院投手【甲子園2021最新版】

高校野球

 

2021年夏の全国高校野球選手権甲子園大会に埼玉県代表として浦和学院が出場します。そしてこの浦和学院を引っ張っているのがエース投手である三奈木亜星選手です。なんとも変わった名前で、読み方も出身も最初は想像がつきませんが、投打に渡り大注目の選手なのです。

 

今回は、ドラフト候補にもあがっている主要選手である三奈木亜星選手の、小中学校時代からの野球経歴に加え、兄弟や家族の情報や進路について調査しました!

 

 

三奈木亜星(浦和学院)のWiki風プロフィール

 

名前三奈木亜星
よみみなぎあせい
生年月日2003年度生まれ
出身地山口県光市
身長178cm
体重79kg
出身小学校光市立室積小学校 予想
出身中学校光市立室積中学校
中学所属チーム山口東リトルシニア
高校浦和学院
ポジション投手兼外野手
投打右投左打
球速146km
球種スライダー、カーブ、チェンジアップ
遠投120m
50m6.2秒

 

まず三奈木亜星選手の読み方は「みなぎあせい」ですね、そして先ほどの写真を見て「あれ?」と思った方もいたかもしれませんが、実は三奈木亜星選手は母親がウクライナ人、父親が日本人というハーフだったのです!

 

現在投手と外野手を兼任しているようですが、甲子園予選となる埼玉県大会では主にリリーフで登板することが多かったようですね。投手で投げた場合の球種は直球のほか、スライダー、カーブ、チェンジアップの3種類が投げられます。遠投はすごいですね、120m!

 

 

三奈木亜星(浦和学院)の小学校~中学校~高校までの経歴

 

さてハーフの三奈木亜星選手ですが、どういった小学校時代を過ごせていたんでしょうか。まず通っていたとされる小学校がこちらです。

 

三奈木亜星(浦和学院)の小学校時代の経歴

 

三奈木亜星選手が通っていた中学校は先にあげるもので公開されています。ところが、小学校に関しては情報が回っていなようでした。そのため、こちらであげる小学校は、中学校の学区を考慮したうえで割り出した小学校になります。

小学校光市立室積小学校
住所山口県光市室積6丁目4-1
電話番号0833-78-0010

【地図】

 

次に示す室積中学校から最寄りの場所にあるのがこちらの「光市立室積小学校」です。ここに関してはあくまで予想という認識でよろしくお願いします。また、三奈木亜星選手は小学6年生の時に軟式で130km/hを記録しました。このころから既に有望視されていたことでしょう。

 

三奈木亜星(浦和学院)の中学校時代の経歴

 

続いて三奈木亜星選手が通っていた中学校がこちらです。

中学校光市立室積中学校
住所山口県光市室積新開2丁目4-1
電話番号0833-78-0133

【地図】

 

光市立室積中学校に通っていた三奈木亜星選手ですが、実際の野球は山口東リトルシニアに所属してプレーしていました。小学校時代に130km/hを出した速球はさらに磨きがかかり、中学校時代では138km/hをマークします。そして主将兼エースとして挑んだ中学3年生の夏の全国大会で準優勝をかざるのです。

 

 

三奈木亜星(浦和学院)の高校時代の経歴

 

山口県からはるばる埼玉の名門である「浦和学院」へ入った三奈木亜星選手は、入学当初からその頭角を現します。1年生から順に経歴を追っていきましょう。

 

三奈木亜星の浦和学院高校1年生時の経歴

 

浦和学院の入学後、1年生の春から背番号18でベンチ入りを果たします。そしてなんと秋には、背番号1を背負い5番・左翼手レギュラー兼投手で主力として活躍します。また、初先発を任された県大会2回戦・川越工戦打線を4安打で抑え3対1にて初めての完投勝利を記録します。

 

 

三奈木亜星の浦和学院高校2年生時の経歴

 

1年生の時はものすごい勢いで急成長を果たした三奈木亜星選手ですが、2年になるとすこしお休み。夏の県独自大会をベンチの外で過ごします。秋に行われた県大会も登板無く終えることになったのです。これが怪我のせいなのかどうなのかは分かっていません。

 

三奈木亜星の浦和学院高校3年生:夏の甲子園埼玉県大会の戦い

 

3年生になり春の埼玉県大会が始まると三奈木亜星選手はカムバックしてきます。再び5番バッターで右翼手兼投手「背番号9」でレギュラーとして活躍をするのです。逆転負けを喫してしまいましたが、関東準々決勝の専修大学松戸高校戦では、4安打1二塁打3打点をマークする暴れっぷりを披露しています。打撃に集中するためか分かりませんが、先発で投げていくよりも、リリーフとして登板する傾向が強くなってきました。

 

浦和学院では、2021年2月にコロナウィルスのクラスターが発生します。その影響で6週間の活動自粛を余儀なくされます。ただそれでも今回の甲子園の切符を手に入れたメンバーの団結力はさすがの一言ですね。

 

第103回 全国高等学校野球選手権大会 埼玉県大会 本戦結果

2021.07.28決勝浦和学院10  –  4昌平
2021.07.25準決勝浦和学院6  –  1春日部共栄
2021.07.22準々決勝浦和学院2  –  0立教新座
2021.07.225回戦浦和学院10  –  0坂戸
2021.07.194回戦浦和学院8  –  0東農大三
2021.07.163回戦浦和学院11  –  1越谷南
2021.07.112回戦浦和学院11  –  4聖望学園

 

埼玉県大会では7試合中4試合で二ケタ得点をはじき出しています。強打の浦和学院というところですが、これにはもちろん三奈木亜星選手も貢献しています。

 

ちなみにこちらは参考までに春の埼玉県大会の時の三奈木亜星選手の成績を載せています。打撃としては本塁打こそありませんが、4割程安定して安打を積み重ねています。

 

2021年春の埼玉県大会 三奈木亜星選手の打撃成績

試合打率出塁率長打率
60.39123921052210.4400.565

 

また春の大会での投手としての成績がこちらです。

 

2021年春の埼玉県大会 三奈木亜星投手の成績

試合高校回数被安奪三四死失点
埼玉1回戦狭山ケ丘10210
2回戦正智深谷22421
準決勝昌平高校46646
決勝花咲徳栄32211
関東準々決専大松戸24104
合計121415812

 

リリーフを中心に登板するケースが多かったですが、ひと際目を惹くのが奪三振の量ですね。奪三振率11.25をマークしています。ただ逆に安打を打たれる本数も多く、それなりに失点につながってしまうケースもある程度あるようです。投手としてはここが課題といえるでしょう。

 

ドラフトのスカウト団も視察にすることが多いですが、どちらかというと投手としてよりも野手としての評価の方が若干高いか、といったところですかね。

 

三奈木亜星選手の投打のパフォーマンスを動画で確認してみましょう。

 

 

 

三奈木亜星(浦和学院)の兄弟・家族のエピソード

 

三奈木亜星選手には同じく野球をしている4学年上の兄:三奈木玲音選手がいます。

お兄さんの三奈木玲音選手は山口県立光高校でプレーをしていたことがあり、ポジションは捕手(キャッチャー)、かなりの好打者であると評判でした。

 

ちなみにこちらの左下のキャッチャーが三奈木玲音選手ですね。

 

 

三奈木亜星(浦和学院)の高校卒業後の進路とスカウト団の声

 

ドラフトのスカウト団が視察に来るほどの注目選手である三奈木亜星選手ですが、その後の進路はどう考えているのでしょうか。ドラフトで指名が入るとしても上位で来る可能性はそこまで高くないのかもしれません。ただ足の速さや肩の強さなど三奈木亜星選手の持ち味はたくさんあります。

 

ドラフトのスカウト団は甲子園での三奈木亜星選手のプレーに注目しています。はプロ入りを目指して、まずはこの甲子園で一勝をあげることが非常に重要です。

 

 【関連記事】夏の甲子園大会2021:注目投手ランキングはこちら

夏の甲子園2021/ドラフト注目の投手ランキングTOP5【高校野球最新版】

 

 

 

まとめ

 

夏の甲子園大会2021の埼玉県代表として出場する浦和学院高校の三奈木亜星選手について、その経歴から兄弟家族の話、これからの進路の情報などを記事にしてきましたが如何でしたでしょうか。

 

粗削りながら様々な可能性を秘めた三奈木亜星選手は魅力的な選手です。高い将来性を引き出すためにも甲子園での活躍をまずは期待しましょう!

 

 

【関連記事】2021年夏の高校野球選手権甲子園大会で、ドラフト注目の選手がこちら

≪投手編≫

≪野手編≫

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント