【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

高校野球夏の甲子園2021/全国の出場校を一覧でまとめてみた

高校野球

 

またこの熱い季節がやってきました!開幕が待ち遠しい『第103回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園2021)』は、東京オリンピックの影響で時期を若干スライドして8月9日からの開幕となります。高校球児たちの青春をそのまま形にした阪神甲子園球場。そこに足を踏み入れる出場校も続々決定しています。

 

今回は、第103回夏の甲子園に出場する、全国のトーナメントを勝ち抜いてきた強豪高校を分かりやすく一覧表でまとめましたのでご活用ください!オリンピックが終わったらすぐに高校球児たちの燃えるような熱い夏にシフトを切り替えましょう。

 

 

『夏の甲子園2021(第103回全国高等学校野球選手権大会)』全国の出場校一覧

 

今年2021年の夏の甲子園の予選大会に参加した高校数は全国で3603校に上ります。その中の頂点を決めるべく阪神甲子園球場に足を踏み入れることができるのはわずか49校のみ!その精鋭たちを一覧でご確認ください。

 

【夏の全国高校野球甲子園大会2021:出場校一覧】

 

地域高校名備考
北北海帯広農業高校(39年ぶり2回目)
南北海北海高校(4年ぶり39回目)
青森弘前学院聖愛高校(8年ぶり2回目)
岩手盛岡大附高校(4年ぶり11回目)
秋田ノースアジア大明桜高校(4年ぶり10回目)
山形日大山形高校(4年ぶり18回目)
宮城東北学院高校(初出場)
福島日大東北高校(18年ぶり8回目)
茨城鹿島学園高校(初出場)
栃木作新学院高校(10大会連続16回目)
群馬前橋育英高校(5大会連続6回目)
山梨日本航空高校(13年ぶり6回目)
埼玉浦和学院高校(3年ぶり14回目)
千葉専大松戸高校(6年ぶり2回目)
神奈川横浜高校(3年ぶり19回目)
東東京二松学舎大付(3年ぶり4回目)
西東京東海大菅生(4年ぶり4回目)
長野松商学園高校(4年ぶり37回目)
新潟日本文理高校(2年ぶり11回目)
富山高岡商業(4大会連続21回目)
石川小松大谷高校(36年ぶり2回目)
福井敦賀気比高校(3大会連続10回目)
静岡静岡(2大会連続26回目)
愛知愛工大名電(3年ぶり13回目)
岐阜県立岐阜商業(9年ぶり29回目)
三重三重高校(7年ぶり13回目)
滋賀近江高校(3大会連続15回目)
京都京都国際(初出場)
奈良智辯学園(2大会連続20回目)
和歌山智辯和歌山高校(4大会連続25回目)
大阪大阪桐蔭(3年ぶり11回目)
兵庫神戸国際大附属(4年ぶり3回目)
岡山倉敷商業高校(9年ぶり11回目)
広島広島新庄(5年ぶり3回目)
鳥取米子東(2大会連続15回目)
島根石見智翠館(2大会連続11回目)
山口高川学園(5年ぶり2回目)
香川高松商業高校(2年ぶり21回目)
徳島阿南光高校(25年ぶり2回目)
愛媛新田(初出場)
高知明徳義塾(2大会連続21回目)
福岡西日本短大付(11年ぶり6回目)
佐賀東明館高校(初出場)
長崎長崎商業(5年ぶり8回目)
熊本熊本工業(2大会連続22回目)
大分明豊高校(4年ぶり7回目)
宮崎宮崎商業(13年ぶり5回目)
鹿児島樟南高校(5年ぶり20回目)
沖縄沖縄尚学高校(2大会連続9回目)

 

8月に入り、ようやくすべての出場校が埋まりました。この49校の激突が見れるのは8月9日から!今から楽しみですね。

 

 

 

『夏の甲子園2021(第103回全国高等学校野球選手権大会)』初出場校は?

 

毎年のことですが、初出場の高校には特に注目が集まります。まだ甲子園の土を踏んだことのない球児が、汗水たらして死線を制し掴んだ甲子園の切符。出場するだけではなく、是非初戦を飾り大会を盛り上げてもらいたいものです。今大会では次の5校が出場を決めています。

 

夏の甲子園2021:初出場校

  • 宮城県代表:東北学院高校
  • 茨城県代表:鹿島学院高校
  • 佐賀県代表:東明館高校
  • 京都府代表:京都国際高校
  • 愛媛県代表:新田高校

 

宮城県代表の東北学院高校は地方大会では第3シード。注目選手はなんといっても、エースで4番バッターの伊東選手です。球威のあるストレートを武器に地方予選を勝ち抜いてきました。宮城大会の決勝では、ノーシードながら勝ち残ってきた仙台三校を12-5で下し初の甲子園の切符を手に入れました。

 

茨城県代表を決めた鹿島学院高校は、神奈川県の日大藤沢など強豪高校を指揮していた鈴木博識監督が7年前から率いるチームです。右腕の薮野哲也選手を中心に、決勝では甲子園の常連校である常総学院を3-2の接戦で制し甲子園出場を決めました。

 

佐賀県代表の東明館高校を率いるのは2年生エースの右腕:今村珀孔(はく)投手です。力で抑え込むスタイルではなく、制球抜群の緩急をつけたピッチングで打者を翻弄する技巧者です。ここ数年、甲子園では初戦敗退が続いている佐賀県代表。初戦を名誉ある一勝で飾れるかに注目が集まります。

 

初出場の高校球児は甲子園に対する屈折した概念がありません。フレッシュな感性を武器に、甲子園の晴れ舞台でダークフォース的な熱い旋風を巻き起こしてもらいたいです。

 

 

 

まとめ

 

2021年8月9日に開催される『第103回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園2021)』。その出場校が続々と決まっています。全国で参加した高校数は3603校。そのうち49校のみが通過できる狭き門。そんな地方の予選を屈強な精神で勝ち抜いてきた高校球児たちには、是非ともこのときしか味わえない激戦を繰り広げて頂きたいものです。

 

夏の甲子園大会2021では、新型コロナの影響が留まることを知らず残念ながら一般客の入場はできません。入場ができるのは学校の生徒やその保護者やらの学校関係者に限定されます。プレーする高校球児たちのことを考えると、この決断は断腸の思いに他ならないわけですが、そこは割り切って若さ溢れる全力プレーに期待することにしましょう!

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント