【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

夏の甲子園2021/ドラフト注目の強打外野手ランキングTOP3【高校野球最新版】

高校野球

 

2021年夏の高校野球甲子園大会が間もなく開幕します。全国から勝ち抜いてきた49校が甲子園を舞台に激突します。今回はそんな注目選手のうち「強打者の外野手」に絞ってランキング形式でその上位TOP3を発表します。

 

甲子園を3倍楽しむためにも、注目選手の情報は必ずチェックをするようにしておいてくださいね。

 

 

夏の甲子園2021出場校/ドラフト注目の強打外野手ランキングベスト3!

 

では「打ってよし・守ってよし」の強打者でありつつ守備能力がたかい注目選手のベスト3を発表しましょう!特に強打の方はこれから先、日本野球界を背負っていくための有用な要素になります。

 

第1位:池田陵真(大阪桐蔭)

 

 

筋トレを極めるマッチョ体型のフルスイング・池田陵真選手!

 

2021年の夏の甲子園大会で最も注目したい強打者は池田陵真選手です。強打の大阪桐蔭のクリーンナップを任されたその実力は確かです。ベンチプレス125kgをあげるその力は、ボールを捉えれば鋭い当たりへと変化し空を切り裂いていきます。

 

池田陵真選手の凄さは中学生時代を振り返ればすぐわかります。中学3年生のときにはU15日本選抜に選ばれ、4番でキャプテンを任されます。そしてその大会ではなんと「世界一」を手に入れてしまうのです。笑 その時のチームメイトは最強の実力者として「池田陵真」という名前を口々に話していました。それだけ信頼されているキャプテンだったのですね。

 

そんな池田陵真選手のモットーが「フルスイング」「長打力」です。ピッチャーが甘い球を投げようものなら、池田選手のバットがそのボールをスタンドへと運んでしまうでしょう。

 

夏の大阪府大会での池田陵真選手の成績がこちらです。

試合打率長打率
30.750129211101.333

 

3試合12打席で9安打。打率は0.75と大当たりでしたね!そのうち二塁打が2本、三塁打が1本、本塁打が1本ということで物凄い長打率だと認めざるを得ない状況です。甲子園でもきっちりボールをスタンドへ運び、悠々とダイヤモンドをまわる姿を拝みたいものですね。

 

【関連記事】池田陵真選手の特集ページがこちらです。

 

 

第2位:前川右京(智弁学院)

 

 

最も恐ろしい1番バッター・それが前川右京!

 

2021年の夏の甲子園大会でのドラフト注目の強打者兼野手の第2位は前川右京選手です。前川選手は左投げ左打ちレフトタイプです。小学校の時にはソフトボールをしており、その時に野球の基礎を覚えます。そして本格的に野球を始め始めた中学生時代、ここで前川選手の才能は一気に開花します。

 

中2で加入していたボーイズリーグの全国大会へ、中3では中日本選抜に選ばれ東日本を撃破します。しかもその時のMVPが前川右京選手というから、恐ろしいほどの成長っぷり!

 

2021年夏の甲子園大会 奈良県大会の前川右京選手の成績

試合打率出塁率長打率
50.64314911040530.7370.857

 

智弁学院は奈良県大会では決勝以外の試合で全て二ケタ得点をあげています。これは強力な打線であることを意味していますが、これは一重に1番バッターである前川右京選手が粘って出塁して攻撃のリズムを作っているからに他なりません。

 

本塁打をガンガン量産していくようなタイプではなさそうですが、ボールを捉えたときのシャープな打球は本当に目を見張るものがあります。将来はイチローのような器用なバッターになってくれると期待しています!

 

【関連記事】前川右京選手の特集ページがこちらです。

 

 

第3位:徳丸天晴(智弁和歌山)

 

 

高校通算本塁打はすでに42本超え!強打の徳丸天晴選手!

 

2021年の夏の甲子園に出場する高校で、注目の強打者第3位が智弁和歌山の徳丸天晴選手です。名前は「あっぱれ」と書いて「てんせい」と呼びます。まさに徳丸天晴選手の打ち出す打球は、空へ吸い込まれるようなものばかりです。

 

強豪でしられる智弁和歌山に属するにも関わらず、1年生で春からライトのレギュラーを入りをはたしている時点で、その実力は規格外であることが分かりますよね。打ち出す飛距離は本当にとんでもないもので、中谷監督も「当たった時の飛距離が凄い」とベタ褒め状態です。徳丸選手の高校通算の本塁打はすでに42本を超えています!間違いなく甲子園でもその弾丸のようなホームランを拝むことができるでしょう。

 

【関連記事】徳丸天晴選手の特集ページがこちらです。

 

 

 

まとめ

 

2021年夏の高校野球甲子園大会に出場する高校に絞り、その中でプロ関係者も熱視する注目の強打者・外野手をランキング形式でご紹介しました。今回ご紹介したのは次の3人です!

 

2021甲子園大会 プロ注目の強打者・

  • 第1位:池田陵真(大阪桐蔭)
  • 第2位:前川右京(智弁学院)
  • 第3位:徳丸天晴(智弁和歌山)

 

ごく一部の有力選手の紹介になってしまいましたが、絶対外せない3人に絞ってご紹介しました。この3人以外にも、本大会が進んでで行くにしたがって、注目度の高いスラッガーが登場してくることでしょう。今から甲子園の開催が楽しみでなりませんね!

 

【関連記事】投手編も是非ご覧ください!

夏の甲子園2021/ドラフト注目の投手ランキングTOP5【高校野球最新版】

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント