【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

夏の甲子園2021/帯広農業高校野球部の強打スタメン&注目選手一覧!

高校野球

 

2021年夏の甲子園(第103回全国高等学校野球選手権大会)の開幕まであと少し!全国から続々と甲子園の切符を手に入れた高校球児が集まっています。今回の主役は「北北海道代表」である「帯広農業高校(帯広農)」です。

 

帯広農業高校は実に39年振りとなる2度目の甲子園。まさに待ちに待った甲子園となります。北北海道大会の決勝では19得点をはじき出し、日本最北端の代表としてまずは初戦を飾りたい。そう意気込む彼らのスタメン候補のメンバー一覧や注目選手、地方大会での戦歴などについて調査しました!

 

 

 

夏の甲子園2021/帯広農業高校のスタメン候補の選手一覧

 

まず帯広農業高校のスターティングメンバーの候補となる18人をチェックしておきましょう。背番号、守備、学年、出身中学校の情報を表記しておきます。

 

帯広農業高校のスタメン候補選手一覧

背番号選手守備学年出身中学校
1佐藤大海投手2幕別町立札内中
2澁谷悠稀捕手3帯広市立南町中
3干場雄心内野手1浦幌町立浦幌中
4清水椋太内野手2帯広市立第五中
5西川健生内野手3様似町立様似中
6佐伯柊内野手3帯広市立南町中
7佐藤敦基外野手3中札内村立中札内中
8村中滉貴外野手3芽室町立芽室中
9谷口純也外野手3芽室町立芽室中
10水口智文投手3更別村立更別中央中
11武藤大斗投手3音更町立音更中
12貞廣大聖捕手3音更町立緑南中
13鴨川昂政外野手3音更町立駒場中
14小寺潤内野手3富良野市立富良野東中
15飯田和也外野手3帯広市立第七中
16江本悠李内野手2帯広市立南町中
17三浦毅留投手3帯広市立第五中
18得地佳来投手3音更町立駒場中

 

このうちメンバーリストの内、夏の甲子園北北海道大会の決勝では次のようなスタメン構成で試合に臨みました。

 

2021年全国高等学校野球選手権北北海道大会 高校野球夏の選手権大会 決勝でのスタメン

打順守備名前学年
1西川健生3
2村中滉貴3
3清水椋太2
4佐伯柊3
5澁谷悠稀3
6佐藤大海2
7干場雄心1
8佐藤敦基3
9谷口純也3

 

最新の情報がこちらになりますので、甲子園での初戦でもそこまで大きな変化はないと予想されます。強豪の帯広農業高校に1年生でスタメン入りしている干場選手。これからの帯広農を引っ張っていく存在に成長していくことでしょう。

 

 

 

夏の甲子園2021/帯広農業高校の注目の選手

 

それでは次に、2021年度の帯広農業高校野球部にて注目しておきたい選手を3人ばかし紹介をしておきましょう!強打の帯広農業高校打線は彼らが中心となって支えているのです。

 

佐伯柊選手:帯広農業高校注目のスラッガー(4番)

 

強打の帯広農業高校を支えているのは、チームの主将であり北北海道大会でも4番を任されている佐伯柊(さえきしゅう)選手です。佐伯選手は強豪の帯広農業高校にてなんと1年生の時からレギュラーを掴み活躍をしていました。守備は1年生の春に二塁手、秋には三塁手を任され、そして2年生から現在に至るまでは遊撃手を務めるまさに内野守備のエクスパートなのです。

 

ちなみに帯広南町中学校時代はエースとして軟式全国大会に出場した経験もあります。守ってよし、打ってもよし、走ってもよしの走攻守揃った貴重な選手です。

 

 

西川健生選手:帯広農業高校注目のトップバッター(1番)

 

強打の帯広農業高校の打撃のリズムをつくるトップバッターを任されているのが3年生の西川健生(にしかわけんせい)選手です。帯広農業高校では2年生の夏からレギュラーを獲得して三塁手を守っています。その守備能力はまさにプロ顔負けのレベルであると言われています。

 

打っては独自大会で打率.615を記録した打撃センスを併せ持つまさに抜け目のない選手です。副主将として、佐伯主将とチーム作りに励んできた貴重な選手です。

 

 

佐藤大海選手:帯広農業高校注目の2年生エース

 

三人目の注目選手の紹介は2年生でエースを務める佐藤大海選手です。コーナーをしっかりとつく投球を中心に帯広農業高校の野球をリードしてきました。力で抑え込む(三振を取りに行く)というタイプではなく、ヒットもそこそこ打たれはするが全体的に打たせて取るピッチングが持ち味です。ストレートは120kmそこそことの情報ですが、その丁寧なピッチングは今のチームを間違いなく支えています。

 

 

 

夏の甲子園2021/帯広農業高校:北北海道大会の戦いぶり

 

まさに打撃の帯広農業高校は決勝の帯広大谷戦ではなんと19得点という大量得点をはじき出しました。この数字は帯広農業高校にとっての夏の決勝最多点となります。もっと言うと『先発全員安打&得点&打点をマーク』するという快挙を成し遂げたともいえます。

 

しかもその打撃力の披露は決勝だけではありません。地区ブロックの予選から6戦連続2桁安打で計90安打をはじき出す打線は本物です。これは1試合平均15本の安打を意味しますので、まさにモンスタークラスですね。準決勝の滝川西の14得点も『先発全員安打&得点』というものすごい結果になっています。

 

実は帯広農業高校は昨年のセンバツに21世紀枠で甲子園への出場が決定していたのですが、これがコロナ禍の影響で中止になっていたのです。その時の悔しさは、今の帯広農業高校の強さの弾みに少なからず影響しているといえるでしょう。

 

第103回 全国高等学校野球選手権大会 北北海道大会 本戦結果

7月25日決勝帯広農 19 – 2 帯広大谷
7月24日準決勝帯広農 14 -4 滝川西
7月17日準々決勝帯広農 6 – 3 釧路北陽
7月15日1回戦帯広農 4 – 3 帯広北

 

 

夏の甲子園2021/帯広農業高校の偏差値などの基本データ

 

帯広農業高校は全日制・定時制の高校です。農業科学科の他、酪農や食品化学などを学べる学科もあります。地域の農業に特に密接なつながりをもっていることも関係して、全国トップクラスの自営率と進路決定率100%という実績を持っています。気になる偏差値は41です。

 

帯広農業高校出身の主な有名人は、東京五輪で4度目出場の自転車マウンテンバイク山本幸平選手や、16年リオデジャネイロ五輪女子7人制ラグビー代表の桑井亜乃選手らが挙げられます。このことからもスポーツが盛んな高校であるということが分かります。

 

帯広農業高校の基本データ情報

高校名帯広農業高等学校
住所帯広市稲田町西1線9番地
TEL0155(48)3051
FAX0155(48)3052
偏差値41

〒080-0834 北海道帯広市稲田町西1線9の地図

 

 

 

まとめ

 

帯広農業高校と聞くとどうしても強打のイメージが強くなってしまうと思いますが、実は走攻守のバランスが非常によくとれたチームであるともいえます。

 

とはいってもやはり多数安打が帯広農業高校にひとつの大きな魅力ではあるので、強打打線の爆発を2021年の夏の甲子園の舞台で是非期待したいものです。佐伯柊選手始め、今大会の注目選手の活躍が今からとても楽しみですね。

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント