【注目番組】9月21日(火)21:00放送「世界進出オーディション!めざせ!グローバルスター」に登場する『タイムマシーン』の超絶ダンス映像はこちら

夏の甲子園2021/前橋育英高校野球部のスタメン候補と注目選手!

高校野球

 

2021年夏の甲子園(第103回全国高等学校野球選手権大会)ももうすぐ開幕。熱き高校球児たちの夏が始まります。関東勢も続々と代表校が決まっていますが、群馬県の代表は「前橋育英」です。

 

前橋育英高校は5大会連続6回目の出場となり、出場校の中でも安定した実力を備えたチームになります。そんな前橋育英の甲子園で予想されるスタメン候補の選手一覧と注目選手に加え、地方大会での戦歴についてもまとめました。

 

夏の甲子園2021/前橋育英高校のスタメン候補の選手一覧

 

早速前橋育英高校のスタメン候補の選手を確認していきましょう。背番号に守備、学年に出身チームについて掲載をしています。

 

前橋育英高校のスタメン候補選手一覧

背番号選手守備学年出身
1外丸東眞投手3前橋市立桂萱中
2阿部咲人捕手3館林ボーイズ
3佐藤大我内野手3群馬西毛ボーイズ
4岡田啓吾内野手2高崎中央ボーイズ
5井上陽太内野手3高崎中央ボーイズ
6野村慶内野手3高崎ボーイズ
7横倉拓実外野手2桐生ボーイズ
8皆川岳飛外野手3館林市立第四中
9矢島頼我外野手3高崎ボーイズ
10菊池樂投手3玉村町立玉村中
11田村入来投手3富岡市立東中
12飯島寛登捕手3高崎市立南八幡中
13天田祐輝内野手3上州ボーイズ
14野中寿真内野手3足利リトルシニア
15原嶋晃宏内野手3富岡ボーイズ
16西澤大希外野手3上州ボーイズ
17清水優雅内野手3沼田市立利根中
18町田豪汰外野手3前橋リトルシニア
19安藤廉内野手3高崎中央ボーイズ
20上原真翔内野手3安中市立第一中

 

リトルシニア出身の選手が多い中、スタメン予想される投手3人については中学校野球部の出身であることが印象的です。それでは直近のスタメン情報として、群馬県大会の決勝でのメンバーをこちらに紹介しておきます。

 

全国高等学校野球選手権群馬大会 高校野球夏の選手権大会 決勝 時のスタメン

守備名前学年
1横倉拓実2
2佐藤大我3
3岡田啓吾2
4皆川岳飛3
5野村慶3
6西澤大希3
7外丸東眞3
8阿部咲人3
9井上陽太3

 

こちらのスタメンは前橋育英にとって極めてスタンダードなリストになりますので、おそらく甲子園の初戦も大きな変更なくこのメンバーでいくのではないかと予想されます。4番バッターの皆川岳飛選手はこの中でも注目のスラッガーです。

 

 

夏の甲子園2021/前橋育英高校の注目の選手

 

ではここで2021年の前橋育英野球部の注目選手を紹介していきます。今年のドラフトにも影響をしてくる高校野球。指名される可能性のある選手はこの2人です。

 

 

皆川岳飛選手:前橋育英高校注目の4番バッター

 

皆川岳飛(みなかわがくと)選手は前橋育英の4番をつとめる強打者です。主将もつとめています。シャープなスイングをしており、広角に強い打球を打つセンス随所に見せています。パワーヒッターとしての打者ではありませんので、本塁打を量産するようなタイプではありませんが、非常に起用にボールを捉えるセンスをもっているため、野球関係者も注目をしています。

 

甲子園でも右に左に打ち分けるスタイルを存分に発揮して、ひと際目立つ存在になれればドラフトの道も固いといえるでしょう。

 

 

外丸東眞選手:前橋育英高校注目のエースピッチャー

 

外丸東眞(そとまるあずな)選手は、前橋育英の野球を支えるエースピッチャーです。球速は144kmをマークしており、高校野球のレベルでこの直球はかなり高い評価を得ているといえます。

 

群馬大会の決勝では、強打の高崎健康福祉大高崎を相手に延長12回166球を投げ抜き「4安打1失点」に抑え込む好投をみせました。これからの成長が非常にたのしみな選手の一人です。

 

 

岡田啓吾選手:前橋育英高校注目の攻守バランス型選手

 

岡田啓吾選手は群馬大会の決勝で2ランホームランを放った好打者です。決してホームランバッターというわけではありませんが、前橋育英らしい完成度の高い打撃フォームで、器用に広角に打ち分けることができ、甘く入ればスタンドに持っていくという非常にバランスのとれたバッターなのです。

 

球際に強い内野の守備も非常に定評があり、攻守ともにバランスが取れている貴重な戦力であるといえます。

 

 

夏の甲子園2021/前橋育英高校:群馬大会の戦いぶり

 

5大会連続6回目の出場となる前橋育英ですが、実は群馬大会ではノーシードから勝ち上がってきたチームになるのです。これには正直驚きでしたが、ちゃんと1回戦から順に勝ち続けて甲子園までの道のりを歩んできました。

 

決勝の高崎健康福祉大高崎線は、最終的に「6-1」のスコアで勝利を収めましたが、実は延長12回という激戦を制しての甲子園出場です。1点を先制された前橋育英が追いついたのは終盤の8回。注目選手の皆川岳飛主将の適時打によりなんとか追いつき延長へ。12回には打者一巡の猛攻で5点を奪い試合を決めました。

 

2021年の前橋育英高校はまず粘りが違います。群馬県大会決勝までの全6試合に先発したエース外丸投手を中心に、バランスのとれた総合力で甲子園優勝を目指します。

 

第103回 全国高等学校野球選手権大会 群馬県大会 本戦結果

2021.07.27決勝前橋育英6  –  1健大高崎
2021.07.25準決勝前橋育英4  –  1太田
2021.07.22準々決勝前橋育英4  –  3関東学園大附
2021.07.203回戦前橋育英5  –  2桐生第一
2021.07.182回戦前橋育英10  –  0館林商工
2021.07.141回戦前橋育英10  –  0桐生市立商

 

 

夏の甲子園2021/前橋育英高校の偏差値などの基本データ

 

前橋育英高校の偏差値は、特進コースで64、進学コースで48、珍しい保育科で44という数字になっています。中でも特進コースの64という偏差値は、群馬県内の私立の中ではランキング第3位に位置しています。優秀な生徒が集まる学校といえるでしょう。

 

群馬県出身の有名人には、サッカー選手が非常に多くいます。サッカーフランスワールドカップ日本代表の山口素弘選手や、2002年日韓ワールドカップ代表の松田直樹選手、北京五輪代表/2014FIFAワールドカップ日本代表の細貝萌選手なども前橋育英を卒業しています。

 

前橋育英高校の基本データ情報

高校名前橋育英高等学校
住所群馬県前橋市朝日が丘町13番地
TEL027-251-7087
偏差値普通科Ⅰ類特進選抜コース(64)
普通科Ⅲ類総合進学コース(48)
保育科(44)

前橋育英高等学校(前橋市/高校)の電話番号・住所・地図|マピオン電話帳

 

 

まとめ

 

群馬県大会をノーシードから勝ち上がってきた前橋育英高校。1回戦から決勝まで勝ち続けてきたその粘り強さは、今大会の中でもかなり上位に位置するものと思われます。投げてはエース外丸投手が、打っては皆川選手がチームを引っ張ってきました。

 

甲子園でも一致団結した全員野球でまずは一勝をあげ、そのままの勢いでトーナメントを駆け上っていくことでしょう。

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ざわちんをフォローする
スポンサーリンク
ざわぶろぐ

コメント