【こむごろく】今や時の人である「小室圭」の口から発せられる名言に注目!これぞ小室語録!

小室圭さんと眞子さまの記者会見の日程と場所は?会見内容を3つの重要ポイントに分類した【2021年9月27日一時帰国後の動向】

社会

 

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまとご結婚予定の小室圭(こむろ けい)さんが、2021年9月27日に現在滞在中のアメリカ・ニューヨークから日本へ一時帰国の予定です。帰国後は正式に結婚の準備にとりかかっていくことになりますが、その前に国民に対する記者会見が行われることが予想されます。

 

今回は小室圭さんと眞子さまの記者会見の日程とその場所。更には行われる記者会見の内容のポイント事項をまとめていきます。

 

 

この記事でわかること

  • 小室圭さん帰国後の記者会見の日程とその場所
  • 小室圭さん帰国後の記者会見の重要ポイント
  • 小室圭さん帰国後のスケジュール

 

小室圭さん帰国後の記者会見予定日とその場所(2021年9月一時帰国時)

 

小室圭さんの現在の居住地はアメリカのニューヨーク。今回の日本への一時帰国の理由は、秋篠宮様・天皇陛下への挨拶他、国民に向けた会見に眞子さまとの婚姻届けの提出などになります。具体的にその記者会見の日程はいつで場所はどこになるのか調査していきましょう。

 

小室圭さん帰国後の記者会見予定日(2021年9月一時帰国時)

 

様々なスケジュールを加味すると、会見発表が行われるのは【10月12日~10月22日までの10日間の間】になるのではと予想されます。

 

「えっ?そんなに時間がかかるの?」と驚かれる方も多いと思います。なぜそこまで時間がかかるのかというと、これには新型コロナの影響です。新型コロナ事情により、小室圭さんが入国時に検疫所でクリアーしなければならないポイントは次の3つです。

 

小室圭さんが日本入国時に受けるべき決まり

  • アメリカで受けたコロナ検査の陰性証明書の提出(出国前72時間以内のもの)
  • 日本で抗原検査をうけて、陰性証明書を発行してもらう
  • 制約書の提出(反した場合は氏名などを公表)

 

上記3つ過程をクリアーして初めて、日本国内へ正式に入国するという流れになります。ただしこれをクリアーした後にすぐに眞子さまの元へ迎えると言ったらもちろんそうではありません。他の帰国者同様に、自宅または宿泊先で14日間の自主隔離期間にはいるのです。

 

つまり帰国予定の9月27日~10月11日の間の隔離期間は、会見はおろか眞子さまと直接会うこともできないわけです。その隔離期間を経て、秋篠宮様とお話しをされたり、眞子さまと今後のお話しをされるのでしょう。宮内庁の方でも【10月12日~10月22日までの10日間の間】にて、二人による記者会見を調整をしているようです。そしてその会見の場にて、結婚やその後の段取りなどについて正式に発表することになるでしょう。

 

ただひとつ注意したいのが、今回の記者会見の発表は宮内庁担当記者との「事前収録」になることが予定されていることです。つまりライブ中継するようなリアルタイム方式ではなく、録画したものを流すだけというもの。しかも質問事項は、あらかじめ用意された質問に答えるだけという形式をとるのみで調整が進んでいるようです。

 

隔離期間が解除される10月12日から早速皇室との打ち合わせに入り、まとまった内容で会見を収録、そして準備ができ次第、国民への放送となるメディアの調整に入っていくのでないでしょうか。そう考えると早くても10月20日位の会見公開になるのが濃厚であると予想できます。

 

 

小室圭さん帰国後の記者会見場所(2021年9月一時帰国時)

 

それでは今回の記者会見の場所はどこになるのでしょうか。これまでの会見では、当時小室圭さんが勤めていた「奥野総合法律事務所」などを会見場所として使っていましたが、もちろん今回は違います。

 

今回の会見報告が宮内庁担当記者によるものということであれば、宮内庁の庁舎内での会見というものが一番安心安全であることが考えられますが、小室圭さんが宮内庁の中まで足を踏み入れることができるかどうかは疑問です。とはいっても、婚約会見と同じ赤坂東邸であることが有力視されるでしょう。

 

今回は事前収録による記者会見となるため、どこで収録するかはという場所の問題は特に大きな関心はうまないかもしれません。しっかりと他を排除した環境できちんとした収録が行われることを望みます。

 

 

 

小室圭さん帰国後の記者会見のポイント(2021年9月一時帰国時)

 

 

今回執り行われる記者会見は、宮内庁担当記者が事前に用意した質問に答える形で行われることになっているため、一般記者により質問攻めはシャットアウトすることになりましたが、ただそれでも一連の疑惑をそのまま放っておくことは出来ないでしょう。今回の記者会見の重要なポイントは次の3つになるといえます。

 

小室圭さん眞子さまの記者会見のポイント

  1. お二人のこれからのご予定(婚姻届・儀式など)
  2. 皇室からの一時金等の行方
  3. 小室圭さんの母親(佳代さん)の金銭トラブル

 

それぞれのポイントについて補足をしていきましょう。

 

ポイント①:お二人のこれからのご予定(婚姻届・儀式など)

 

まず一つ目は、小室圭さんと眞子さまとお二人の今後のご予定についてです。順当にいけば、このままご結婚の手続きにはいっていくわけですが、それにともなう婚姻届けの提出に関する内容。

 

そして、通常であれば執り行うはずであった一連の儀式をどうするかといった問題です。現時点では「納采の儀」や「朝見の儀」などの儀式は省力する方向で動いていますが、そこの辺りの説明が記者会見内でされるでしょう。

 

 

ポイント②:皇室からの一時金等の行方

 

そして二つ目は、今後の皇室からの援助に関するものです。皇室のお金は基本的にすべて「国民の税金」で賄われているものです。そのため、もし眞子さまがご結婚され皇室から離れた場合、以後秋篠宮様は眞子様に対する援助をすることはできません。

 

ただ結婚に限らず皇籍から離脱される際に支給される一時金に関しては、眞子さまは受け取ることが出来ます。この額は1億3,000万円程であるといわれていますが、もちろんこのお金も税金によるものなので、今回の状況から察すると、これを受け取るとなれば国民の反発を買うことに繋がるのかもしれません。

 

現状は拒否する意向ということですが、今後のことを考えると眞子さまはそのお金を授与したほうが私はよいと思います。こんなことをいうのは不謹慎かもしれませんが、小室さんと必ずしもうまくいくとは限りませんから・・。

 

 

ポイント③:小室圭さんの母親(佳代さん)の金銭トラブル

 

そして3つ目の問題は、結婚の時期を大幅に遅らせる原因となった、小室圭さんの母親である佳代さんの抱えた借金トラブルです。ここの釈明なしでは、お二人の結婚に対して国民からの賛同は得られないでしょう。当初はこの議題に関してお二人は「会見謝絶」の状態であったといいます。「説明をしたところで真意を理解してもらえず、結果として国民の反感を買ってしまう恐れがあるから」という見解だったようですが、やはり結婚にはこの説明が必要不可欠であると宮内庁が説得を続けていたとのことです。

 

佳代さんの金銭トラブルに関しては、時を追うほどにボロボロと出てくる出てくる。最近では「労災トラブル」が記憶にあたらしいことろです。3年前に適応障害の診断を受け、勤務先の洋菓子店を長らく休んだ佳代さんは1年以上の休職補償をうけていたわけですが、その後も「アキレス腱断裂」と書かれた診断書(理由は『終業後、更衣室で靴を履き替えるときにバランスを崩してアキレス腱を傷めた』というもの)を基に、労災の申請を進めていたというのです。この信憑性が問われています。

 

この「労災トラブル」にまで触れるとは思いませんが、多くの人の関心を生んだ最初の金銭トラブルに関しては、何がしかの説明がなされて然りということが想像できるのです。どこまでつっこんだ部分まで釈明が入るのかが関心の的となります。

 

 

 

まとめ

 

2021年9月27に日本へ一時帰国を予定されている小室圭さんですが、帰国後は14日間の自主隔離期間を経て、眞子さまとの本格的な結婚準備にはいることが予想されます。そのひとつの行事として予定されている「記者会見の日程と場所に収録事項」についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

いずれにもしも、今回の半ば「駆け落ち」に近いような結婚のスタイルは、これまでの歴史を見ていても非常に稀なケースです。その分国民の関心も非常に高いものになっています。会見当時はしっかりとした説明がなされることを願っています。

 

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!