【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

小室圭のロン毛断髪後の髪型はこれ!?結局ポニテはあり得るか?

社会

 

ロン毛で帰国された小室圭さんが遂に髪を切ったということです!NYではポニーテール姿で過ごしていた小室圭さんですが、眞子さまと会い、秋篠宮さまとお会いするというこのタイミングで、横浜の実家に行きつけの美容師を招き入れて髪を調整されたのだそう。さて、どんな髪の毛になったでしょうか。問題は散髪をしたのか、それとも整髪をしたのかということです。

 

 

コムロン毛からの脱却!小室圭の髪型は今!?

 

そもそも基本的に髪の毛を切るとは次のような4つの違いがあります。

 

髪の毛処理の4つの種類

  • 「散髪」・・髪を切ることだけをいう
  • 「理髪」・・職業として髪を切ったり整えたりすること。
  • 「調髪」・・髪を切ったり形を整えたりすることを総合的にいう。
  • 「整髪」・・主に髪形を整えることをいう。

 

小室圭さんの今回の髪の毛処理が、これのどれにあたるのかが非常に重要になります。

 

 

 

散髪した小室圭の髪型は・・坊主頭!?

 

引用元:https://www.oricon.co.jp/

 

なんといっても今回美容師さんに整えてもらった髪型は、眞子様再会と秋篠宮さまと謁見するためのもの。自身の態度や行いのことや、母親である佳代さんのことで、色々と世間を騒がせてしまった小室圭さん。そんななかの駆け落ち婚になりますので、反省の念で押し潰れそうな気持もきっと大きいことでしょう。

 

そして日本人であれば「反省=坊主頭」という選択はいたって普通のことです。今回の件の多大なる反省の意味を込めれ「坊主頭」。これが一番最有力であったりします。

 

 

理髪した小室圭の髪型は・・スポーツ刈り!?

 

引用元:https://www.oricon.co.jp/

 

いやいや、これから結婚を控えているのに「坊主頭」はなあんまりです!ということで次の候補として挙げられるのが、短髪のスポーツ刈りです。基本的に横~後ろ回りをバリカンで綺麗に整えて、前髪と頭のトップの部分は気持ち長め。全体的にジェルかワックスをつけて格好をつけます。

 

坊主頭は、ある種冗談のような要素もでてきてしまうので、このスポーツ刈り位が清潔感もあってちょうとよいのかもしれませんね。

 

 

 

調髪した小室圭の髪型は・・おぼっちゃまカット!?

 

引用元:https://gendai.ismedia.jp/

 

でも丸刈りやスポーツ刈りはやはりちょっと恥ずかしいですよね!やはりここは初心忘れるべからず!ということで、結婚を発表された際のおぼっちゃまカットに戻すという選択肢が一番当たり障りないのではないでしょうか。

 

あのころは特に小室圭さんと眞子さまの結婚の反対運動はおきていなかったわけなので、当時の髪型に戻すことこそが一番印象よく終わることができるのではないでしょうか。

 

 

整髪した小室圭の髪型は・・やっぱりポニーテール!?

 

引用元:https://president.jp/

 

ひとつ気になるのがニュースの記事の書き方なのです。きっと記者が小室家から出てきた美容師さんを捕まえて少し話しを聞いて書き上げた文章だと思われます。

きょう午前、横浜市の小室さんの自宅を美容師が訪れ、小室さんの髪を整えたものとみられます。

引用元:https://news.tbs.co.jp/

 

ここで使われている「髪を整えた」という表現が凄く気になるわけです。先ほどの4つの表現に一番近いものを選ぶと、それは「整髪」になります。これは基本的にあまり髪の長さは変えずに、全体的なバランスや形を整えるということになるのです。

 

つまり現時点でポニーテールの小室圭さんの髪型は、やはりポニーテールのまんま!という可能性が一番高いといえます。ただこれまでのポニーテールではなく、もっとおしゃれで紳士的なポニーテールであるといえるでしょう。

 

これからアメリカで弁護士としては働くのであろう小室圭さん。好きな言葉「Let it be」のように、ありのままの自分スタイルを貫くのかもしれません!

 

 

 

まとめ

 

3年以上振りとなる眞子さまとのご対面、そして秋篠宮さまとの挨拶。これに臨むために、小室圭さんは実家である横浜のお家に行きつけの美容師を招き入れました。

 

そして髪を整えた小室圭さんは、一体どんな髪型をしているのか!それを記事の内容などから推測してみました。さて実際はどんな髪型になっているのか・・期待してまちましょう!

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!