【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

木下富美子の家族(父母/夫/子供)と出身高校大学にWiki経歴!

社会

 

 

無免許運転当て逃げ事故からの雲隠れ、そして冬のボーナスはちゃっかり貰うという、以前都民ファーストを除名された木下富美子さん。その破天荒な思考に反発が起こっています。今回はそんな木下富美子さんのWiki風プロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!また、木下富美子さんの家族と子供(夫・娘・父母)についても触れていきます!

 

 

木下富美子さんの家族構成(親・兄弟・妻・子供)

 

まずは木下富美子さんの大事な家族を紹介します。家族構成と各家族の情報を載せていきます。

 

木下富美子さんの家族構成

 

まず木下富美子さんの家族構成は次のようになっています。

続柄名前など
本人木下富美子
夫(旦那)離婚
子供娘1人
ペット猫1匹
父親木下恵裕
母親ご健在

 

木下富美子さんは旦那さん(夫)とは離婚をしています。二人の間に産まれた娘(2021年現在22歳)と、ペットとして飼っている猫ちゃんと暮らしています。昔は娘さんを外に追い出し、近所に迷惑をかけたこともあったようですよ。

 

 

木下富美子さんの父親・母親

 

木下富美子さんのご両親である父と母はまだご健在です。父親の名前は「木下恵裕」で、学習院大学出身のトヨタに入社。政治家ではないものの、一般企業としてはエリートに位置づけされる優秀さです。木下富美子さんの頭脳のよさは父親譲りなのかもしれません。ちなみに父親は木下富美子さんが都民ファーストに入党した際に、支援者の前で挨拶をしています。

 

 

この時は幸せだったでしょうに。まさに今やこんな大騒ぎな事件に巻き込まれるなんて思ってもみなかったでしょうね。

 

 

 

木下富美子さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

引用元:https://smart-flash.jp/

 

まず始めに木下富美子さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前木下富美子
よみきのしたふみこ
生年月日1966年10月13日
年齢55歳(2021年現在)
出身愛知県名古屋市
小学名古屋市立富士見台小学校
中学名古屋市立千種台中学校
高校名古屋市立向陽高等学校
大学東京外国語大学
スペイン語学科
大学院東京大学大学院
都市持続再生学コース(在学中)
前職博報堂従業員
選挙区板橋区選挙区
趣味食べ歩き、カラオケ
スキー
資格英語の通訳案内士
普通自動車運転免許

 

木下富美子さんは1966年10月13日生まれの55歳。愛知県名古屋市の出身です。前職は博報堂従業員として勤務していましたが、このころから上司にたて付くなど素行の悪さが目立っていたようです。少し注意されると「そんな細かいことはいいじゃないですか!」と・・謙虚とは程とおい存在ですよね。笑

 

学歴に関して高校と大学は、名古屋市立向陽高等学校と東京外国語大学東京外国語大学を卒業しています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

木下富美子さんの出身高校:名古屋市立向陽高等学校

 

木下富美子さんが実際に卒業された「名古屋市立向陽高等学校」について詳しくみていきましょう。

 

木下富美子さんの出身高校の情報

高校名名古屋市立向陽高等学校
住所愛知県名古屋市昭和区広池町47
電話052-841-7138
設立年度1948年10月
偏差値69~71

地図:Goole MAP

 

木下富美子さんが通っていた「名古屋市立向陽高等学校」の偏差値は69~71です。スーパーサイエンス校に選ばれており、非常に優秀な生徒があつまる学校でした。この高校を卒業した有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

名古屋市立向陽高等学校出身の有名人

・益川敏英(ノーベル物理学賞受賞者)
・岡田有希子(歌手)
・竹市雅俊(生物学者)
・五島良子(歌手、作曲家)
・梅原裕一郎(声優)

 

 

 

木下富美子さんの出身大学:東京外国語大学東京外国語大学

 

次に大学時代を過ごした東京外国語大学です。木下富美子さんは東京外国語大学を卒業しています。

 

木下富美子さんの出身大学の情報

大学名東京外国語大学
学部学科スペイン語学科
住所東京都府中市朝日町3-11-1
電話042-330-5111
偏差値62.5

地図:Goole MAP

 

東京外国語大学東京外国語大学の偏差値は「62.5」です。この東京外国語大学出身の有名人には次のような方がいらっしゃいます。

 

東京外国語大学出身の有名人

・益谷秀次(元建設大臣・元衆議院議長)
・柳沢香枝(駐マラウイ大使、元国際協力機構理事(女性初)、元国連開発計画シニアアドバイザー)
・中村敦夫(俳優・元参議院議員)
・小林優美(杉並区議会議員)
・本野一郎(外務大臣、駐ロシア大使)

 

尚、木下富美子さんは「東京大学大学院都市持続再生学コース」に現在まだ籍をおいており、まだ在学中の学生であるということです。とにかく頭はよい木下富美子さんです。笑

 

 

 

木下富美子さんの経歴

 

最後に木下富美子さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

木下富美子さんの経歴一覧

名古屋市出身で東京外語大学を卒業後、大手広告代理店に入社。
2017年7月、東京都議会選挙に都民ファーストの会から出馬し東京・板橋区選挙区でトップ当選。
ことし7月に再選。
その後、都民ファーストの会を除名となり、1人会派「SDGs東京」を立ち上げた。
政治との出会いは広告代理店勤務時代に、当時、環境大臣だった小池都知事が手掛けた「クールビズキャンペーン」に携わったことや、内閣府への出向がきっかけとなった。

 

木下富美子さんは実力はあるのかもしれません。ただ人を欺くような方は政治家に向いているとはいえないでしょう。これからどういった進退をとっていくのか、誰もが注目しています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、お騒がせ議員の木下富美子さんのWikiプロフィールや経歴や学歴(高校・大学)に加え、その家族についての情報をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

 

話の流れとして冬のボーナスをもらったら辞めそうな気もしますが、どうでしょうか。頭がいいことは良く分かりましたが、肝心の心がここまで荒んでいるとなかなか成功するのは難しいでしょうね。

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!