【なにわ男子】道枝駿佑さんの出演ドラマと映画情報をまとめました!見逃し配信もあり

木村大成の出身中学や小学校の経歴は?兄弟や家族&進路について調査!北海高校投手【甲子園2021最新版】

高校野球

 

北海高校の木村大成選手は将来を期待させる本格派の左腕です。最速150kmの直球に、カーブやスラーダー、チェンジアップを織り交ぜ打者を翻弄させるのです。2021年夏の全国高校野球甲子園大会での活躍はもちろんですが、ドラフトスカウト団の熱い視線にも注目です。

 

今回はそんな北海道が生んだ期待のサウスポー投手である木村大成選手の出身中学や小学校の経歴に加え、兄弟や家族についての記事になります。またドラフトのスカウト団のリアルな声も掲載しています!

 

【関連記事】夏の甲子園2021/ドラフト注目の投手ランキングTOP5【高校野球最新版】

 

 

木村大成(北海高校)のWiki風プロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KSK(@angyou18)がシェアした投稿

名前木村大成
よみきむらたいせい
生年月日2003年9月12日
年齢17歳
出身地北海道北広島市
身長180cm
体重76kg
出身小学校北広島市東部小学校
所属チーム(小学)北広島東部カープジュニア
出身中学校北広島市東部中学校
高校北海高校
ポジション投手
投打左投左打
球速150km/h
球種スライダー・カーブ・チェンジアップ

 

木村大成選手の基本的なプロフィールをWiki風に紹介してみました。木村大成選手は「北海史上最高の左腕」と呼ばれています。高校3年生で迎える夏の甲子園に向けて、現在球速のMAXは150km/hを記録しています。ドラフトナンバーワン候補である「ノースアジア大明桜高校の風間球打投手」に次ぐ記録となっています。

 

出身は北海道の北広島市です。北広島市は札幌市と新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯に位置する町で、現在執筆時の人口は57,889人です。まさに北の大地が生んだ野球の申し子、それが木村大成選手なのです。

 

関連記事:夏の甲子園2021/北海高校野球部のスタメン候補一覧と注目選手!

 

 

木村大成(北海高校)の小学校~中学校~高校までの経歴

 

今や北海高校で確固とした実力を手に入れた木村大成選手ですが、それまでの経歴がまた凄いのです。小学校時代までさかのぼって順に確認をしていきましょう!

 

木村大成(北海高校)の小学校時代の経歴

 

まず、木村大成選手の実際に通っていた小学校の情報はこちらです。

 

小学校北広島市東部小学校
住所北海道北広島市中央4丁目4
電話番号011-372-3511
地図

 

地元北広島市の東部小学校に木村大成選手は6年間通いました。実際に野球をやり始めたのは小学校1年生のときからです。「北広島東部カープジュニア」というチームに所属をして軟式野球を始めるのです。

 

 

木村大成(北海高校)の中学校時代の経歴

 

次に、木村大成選手の実際に通っていた中学校の情報はこちらをご覧ください。

 

中学校北広島市東部中学校
住所北海道北広島市 美咲き野1丁目12−1
電話番号011-372-3030
地図

 

中学校は、木村大成選手は北広島市東部中学校に通い野球部に所属します。そして中学3年生になった2018年、北海道中学軟式野球白老大会に出場するわけですが、そこでは4番打者&エース投手を担うチームの柱となり活躍します。そして結果、準優勝という素晴らしい成績を残すのです。

 

 

木村大成(北海高校)の高校時代の経歴

 

ここからはいよいよ木村大成選手の高校時代に入ってきます。1年生から順にその経歴と成績を追っていきましょう。

 

木村大成の北海高校1年生時の経歴

 

木村大成選手は北海高校に入学した直後から、既に別格の存在でした。入学直後の1年春から背番号13でベンチ入りを果たします。そしてまず1年生夏の南北海道大会。ここで木村大成選手は3試合を投げ、チームはベスト8まで進みます。ここまできたら「これからバリバリ好成績を残していたんでしょ?」と思う方も多いと思いますが、それは大間違い。木村大成選手は残りの1年生生活でちょっとした挫折を味わうのです。

 

その挫折というのが1年生の秋のことです。背番号1というエースナンバーをもらい臨んだ地区大会初戦。相手は強豪である札幌第一と対戦したときのことです。木村大成投手は「5回1/3」を投げましたが、結果として「13安打10失点」という状況に陥ってしまうのです。まさに大量失点です。そしてチームも強豪相手に2点しか取れず、「2-10」で大敗を喫してしまいます。

 

しかし挫折をしたらまた立ち上がる、それが木村大成選手。名前のごとく「大成」に向けてエンジンを切り替えます。

 

 

木村大成の北海高校2年生時の経歴

 

2年生になり迎えた夏の南北海道大会。木村大成選手は背番号17をつけ、リリーフとして4試合に登板します。そのピッチングは決して悪いものではありませんでしたが、準々決勝で迎えた札幌大谷戦では延長戦となり、延長10回で木村大成投手の制球ミスが原因で2失点を喫してしまします。結果としてチームは7対6でサヨナラ負けをし、2年連続のベスト8という記録に甘んじることになりました。

 

そして2年の秋の大会から木村大成選手は再度エースナンバー「1」の背番号を与えられます。投げ抜いた回数「合計30回2/3」を無失点で抑えます。さらには41個もの奪三振を奪う活躍で、チームの10年振り12回目の優勝に貢献しました。この秋の大会から木村大成選手の力がグッと成長したのが分かります。

 

 

木村大成の北海高校3年生:夏の甲子園南北海道大会の戦い

 

そして現在の北海高校3年生。夏の南北海道大会も木村大成選手にとってはなかな苦労したであろう試合展開になっていました。南北海道大会の結果がこちらです。

 

第103回 全国高等学校野球選手権大会 南北海道大会 本戦結果

7月27日決勝北海 8 – 6 札幌日大
7月26日準決勝北海 6 – 5 北海道栄
7月20日準々決勝北海 10 – 3 東海大札幌
7月19日1回戦北海 4 – 2 苫小牧中央

 

決勝の対札幌日大戦において木村大成投手は6回8安打6失点で降板することを余儀なくされます。8回途中の時点で、札幌日大が5-6で1点リード。北海の攻撃8回1死満塁、2番・尾崎大嘉三塁手(3年)の三塁への内野安打で何とか同点。その後1死満塁で、4番・宮下朝陽主将(3年)の遊ゴロを相手が送球ミス、一気に2点が入り勝ち越しました。相手側のミスに乗じて命カラガラ甲子園へと進めてきました。

 

準決勝の北海道栄戦も大いに苦戦を強いられたといえます。試合自体は木村大成投手の『147球10安打5失点』の完投勝利終わったといえますが、「センバツのときぐらい直球もスライダーも悪かった」と本人が言うほどのデキでした。ただそれでも3回以降はリードを許さないピッチングを続けることができたというのは、木村投手のふんばりと、野手の攻撃の粘り強さが勝ったといえるでしょう。9回1死二塁のピンチで、左ふくらはぎがつるというハプニングを経験しましたが、水を飲み体調を戻せたことは木村投手にとって大きな自信になったことでしょう。

 

第103回 全国高等学校野球選手権大会 南北海道大会 木村大成投手の成績

回数被安奪三四死失点
地 区2回戦:札幌平岡52800
代表決:札幌丘珠32600
北大会1回戦:苫小牧中921032
準々決:東海札幌63721
準決勝:北海道栄9101135
決勝戦:札幌日大681126
合計3827531014

 

こちらが南北海道大会でも木村大成投手の成績です。防御率は3.08、被安打率6.39、奪三振率12.55、四死球率2.37という数字が残っています。

 

北大会1回戦:苫小牧中の10奪三振のハイライトがこちら!圧巻です。

 

 

 

木村大成(北海高校)の兄弟・家族のエピソード

 

木村大成選手には3歳上の兄・木村広輝さんがいます。そしてこの甲子園という夢の舞台への道程は、木村大成選手にとって、まさにお兄さんの思いを背負ったものであったと言っても過言ではないのです。

 

実はお兄さんである木村広輝さんは、元は木村大成選手と同じ北広島東部中の野球仲間。主将を務め、そして投手としてチームを引っ張り、一緒に全国大会へ出たチームメイトの1人なのです。広輝さんは中学を卒業後、2001年のセンバツの強豪である関西創価高校へと進学をしますが、非常に残念なことに、そこで右ひじをを痛めてしまい広輝さんは野球から一線を置くことにしたのです。

 

野球を諦めざるを得なくなった兄の思いも抱えながら、木村大成選手は野球と向き合い一球一球ボールを放っているに違いないのです。

 

 

木村大成(北海高校)の高校卒業後の進路とスカウト団の声

 

ドラフトの有力候補としてあがっている木村大成選手ですが、北海高校卒業後はどのような進路を考えているのでしょうか。現時点ではまだそうした未来の話はまだ公にはなっていないのですが、まだ粗削りな部分がありつつも、やはりものすごく才能が豊かな選手だけに、いち早くプロという環境に身を置いてプレーしてくれたらなと個人的には感じています。

 

プロを目指していくのであれば、2021年のドラフトで間違いなく名前は呼ばれるでしょう。期待してその時を待つことにしましょう。

 

 

木村大成(北海高校)に対するドラフトのスカウト団のコメント

 

最後にこちらの実際に木村大成さんの投球を見ているドラフトのスカウト団のコメントを掲載しておきましょう。どの球団も木村大成選手に興味津々なのが分かります。

 

西武・渡辺GM
「良いピッチャーだね。(センバツから)一つひとつ球種が着実にレベルアップしている。ブレーキが効くし空振りが取れるスライダーは武器」「上位の可能性もあるんじゃないですか」

 

日本ハム・白井康勝スカウト
「このスライダーは高校生では対応するのが難しいと思う」
「立ち上がりは抜けるボールもあったが。しっかり立て直していた。ストレートも含め、甲子園のときより上がっている。夏までに、どこまで伸びるか楽しみ」

 

中日・八木智哉スカウト
「春よりも体が大きくなってメリハリがありブレが少なく成長を感じる。伸びしろもまだあると思う」

 

DeNA・欠端スカウト
「直球にキレがある。けん制、フィールディングもうまい。上のステージに行っても苦しまないのでは」

 

オリックス・牧田編成部副部長
「前評判通り腕をしっかり振れる。この時期にあのようなパフォーマンスが見られ、夏に向けて楽しみ。柔らかさもしなりもありますし、伸びしろがある。追い掛けたくなる素材」

 

阪神・葛西スカウト
「ストレートに力がある。スライダーもしっかり投げられている。腕の振りがいいから打者は打ちづらい。身長もあるし、順調に行けば楽しみな球を投げている。スライダーもストライクからボールになるから打ちづらい。リズムもいいし、投げっぷりもいい。いまの時期にこれだけ投げられれば、夏まで楽しみな選手」

 

広島・苑田スカウト統括部長
「簡単には打てない。カーブもスライダーも手元で変化する。直球も球速が出ているし、打てそうで打てない」

 

ヤクルト・小川GM
「スライダーが効いていた。右打者の内角へしっかりと投げ分けられていた。夏が楽しみな投手」

MLBロイヤルズ・大屋博行国際スカウト
「特有の投げ方は、中日・大野雄によく似ている。プロに上がれば生きてくるだろう。踏み出す歩幅が狭く5歩ほど。腕の振りの弧は、普通は丸い逆U字型になるのだが、彼は上半身の切り返しで引っかけるように振るため、とがったV字型になる。打者から見れば独特のリズムがあるので、非常にやっかいだ。直球は回転数が多く球が生きており、キレ方も違う」

 

ロッテ・榎スカウト部長
「右打者の内角へのスライダーがいい。ストレートのキレが良くなったらもっと生きる」

 

 【関連記事】夏の甲子園大会2021:注目投手ランキングはこちら

夏の甲子園2021/ドラフト注目の投手ランキングTOP5【高校野球最新版】

 

 

 

まとめ

 

夏の甲子園大会2021の南北海道代表として出場する北海高校の木村大成選手について、その経歴から兄弟家族の話、これからの進路の情報などを記事にしてきましたが如何でしたでしょうか。

 

「これから木村大成選手がどのような道を進んでいくのか」ということももちろん楽しみなのですが「この夏の甲子園でどのような結果を残すのか」。そこに注目したいですね。

 

 

【関連記事】2021年夏の高校野球選手権甲子園大会で、ドラフト注目の選手がこちら

≪投手編≫

≪野手編≫

 

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Beeをフォローする
スポンサーリンク
The Non-Fiction

コメント

error:Content is protected !!