【テストライド】MAVIC コスミックアルチメイトSLビブショーツ

価格 (税抜き)

24,000

メーカー・サイズなどメーカー・サイズなどの内容

走ることに関しては徹底してこだわり続けるが、たまにあらぬ方向へ向かってしまう印象のあるMAVICだが、大本のホイール以外にもウエアやシューズもなかなかどうして諦めずに開発し続けている。

以前にはマヴィックのシューズも試してはみたが、ホールド感がそれ以前に履いていたシマノの製品より劣っていたので残念な印象しかなかった。

今回は店で取り扱うアパレルを試してみようと手に取ったのが、真価の問われるビブショーツ。

ちなみに身長175cm、体重63kgなで肩の阿部でLがジャストフィットだった。

通常、ヨーロッパ仕様のビブショーツは太もも周りのサイズで選ぶとビブ部が長すぎ、ビブ部のフィット感で選ぶと肝心の全体の締め付けがキツくなりすぎる。

重要な要素である生地は実際に素材感を確かめるために引っ張ったりしてもあまり伸びるような素材ではない。それでも前述したようにフィット感を非常に高く保っているので、カットや縫製の工夫で全体のフィット感を高めているのだろう。今回のネガティブな点といえば、この生地の伸縮性のなさではある。しかしながらビブ部と本体とのバランスが胴長短足の日本人体型にも合うというのは不思議だが好印象だ。

ショーツの能力を語る上で長距離ライドで重要な要素の一つはパッドの性能だが、それもOrtholiteという衝撃吸収性に優れた素材を使うことで大幅にアップされている。

裾部分はラテックスを不使用でアレルギーフリーにもかかわらずしっとりとズレもなく包み込んでくれる。

 

 

ページトップ

abenova sports club