【こむごろく】今や時の人である「小室圭」の口から発せられる名言に注目!これぞ小室語録!

明石行夫の出身高校大学とWiki経歴!家族構成や結婚子供の情報も!

神奈川選挙区

 

※追記:本記事の「明石行夫」さんは2021年の衆議院総選挙の出馬をとりやめました!

以下は参考記事としてご覧ください。

 

———————————-

 

2021年10月19日公示、31日投開票となる衆議院総選挙。その選挙日本共産党として神奈川2区で立候補している明石行夫(あかしゆきお)さん。今回はそんな明石行夫さんのWiki風プロフィールに加え、出身となる高校や大学などの学歴情報と経歴について調査しました!明石行夫さんのWikipediaはまだ制作されていないようですので。また、明石行夫さんの家族と子供(妻・息子・娘・父母親)についても触れていきます!選挙投票に是非お役立てください。

 

 

明石行夫さんの学歴(高校・大学)とWikiプロフィール情報

 

引用元:https://mobile.twitter.com/kakusankanazawa

 

まず始めに明石行夫さんの学歴(高校・大学)の情報をWikiプロフィールにてこまかく見てきましょう。

名前明石行夫
よみあかしゆきお
生年月日1959年
年齢62歳
現住所横浜市金沢区富岡在住
高校千葉県立国府台高校
大学東京都立大学理学部卒
前職自営業者の団体
横浜南部民主商工会副会長
同金沢支部長
政党日本共産党
選挙区神奈川2区
趣味音楽活動、ジャズバンド活動

 

明石行夫さんは1959年生まれの62歳。横浜市金沢区富岡の在住です。前職は自営業者の団体・横浜南部民主商工会副会長・同金沢支部長従業員として勤務していましたが、2年ほどで退社をして以後政治の世界に身を投じています。それにしても趣味が音楽活動とはいいですね~、親父バンドをきっと組んでいるのでしょう。

 

学歴に関して高校と大学は、千葉県立国府台高校と東京都立大学理学部を卒業しています。それぞれの学校に対する2021年現在の最新情報はこちらです。

 

 

 

明石行夫さんの出身高校:千葉県立国府台高校

 

明石行夫さんが実際に卒業された「千葉県立国府台高校」について詳しくみていきましょう。

 

明石行夫さんの出身高校の情報

高校名千葉県立国府台高校
住所千葉県市川市国府台2-4-1
電話047-373-2141
設立年度1943年
偏差値60

地図:Goole MAP

 

「千葉県立国府台高校」は神奈川県の中でも有数の進学校です。偏差値は「60」ですので、比較的頭のよい学校を出ているということになります。参考までにこちらの高校の出身の有名人は次のとおりです。

 

千葉県立国府台高校出身の有名人

・伊藤隆大・・俳優

・伊藤淳史・・俳優

・ピョコタン・・漫画家

・横須賀ゆきの・・アナウンサー

・響直美・・漫画家

・吉田裕史・・指揮者

・真保裕一・・小説家

・中村正人・・ミュージシャン)

・乙川優三郎・・小説家

・大久保博・・市川市元市長

・きたろう・・俳優

・真田健一郎・・俳優

 

 

 

明石行夫さんの出身大学:東京都立大学理学部

 

次に大学時代を過ごした東京都立大学です。明石行夫さんは理学部を卒業しています。

 

明石行夫さんの出身大学の情報

大学名東京都立大学
学部学科理学部
住所東京都八王子市南大沢1丁目1
電話042-677-1111
偏差値55~60

地図:Goole MAP

 

東京都立大学理学部の偏差値は「55~60」ですね。こちら学校を卒業して有名になった方々はこちらです。

 

東京都立大学理学部出身の有名人

・木村弘毅(ミクシィ代表取締役社長)

・阿藤快(俳優)

・塩川鉄也(衆議院議員)

・岡村誠之(アナウンサー)

・荻村伊智朗(元卓球選手)

・桂米丸(4代目)(落語家)

・友納武人(元千葉県知事)

 

 

明石行夫さんの家族構成と子供(妻・息子・娘・親)の情報

 

引用元:https://twitter.com/akashi2ku

 

明石行夫さんの家族情報をリサーチしましたが、家族構成や妻(奥さん)や子供の情報などが公開させていませんでした。結婚はしていると思いますが、実際はどうなのでしょう。以後情報が入手され次第更新していきます!

 

 

 

明石行夫さんの経歴

 

最後に明石行夫さんのこれまでの経歴を載せておきましょう。

 

明石行夫さんの経歴一覧

中学時代:ブラスバンドに入り、トランペット、トロンボーンなどを吹く

高校時代:授業の教科の一環でエンゲルスの『空想から科学へ』を読み、感動する

大学時代:東京都立大学理学部入学。「科学論研究会」というサークルに入る。大学2年の時に日本共産党に入党大学には7年間在学しました。3年留年を経験。結局教員志望として3年ほど挑戦しましたが、採用とならず、環境測定などを行っている会社に就職しました。

労働者:大田区の町工場が並んでいる東糀谷にある会社に17年間勤める

自営業者:中小企業や個人相手のシステム開発をめざし、1年ほどシステムハウスに勤めた後、自営業者となりました。

衆議院選挙:2012年の衆議院議員選挙で神奈川1区日本共産党の候補者として闘いました。消費税に頼らなくても社会保障の充実、財政再建は可能と訴えましたが、議席には届かず

 

明石行夫さんは2012年に一度衆議院に出馬をしていますが、惜しくも落選という苦い経験をお持ちです。今回の9年振りとなる衆議院選挙は、まさに明石行夫さんのリベンジマッチというわけです。

 

それでは明石先生の熱弁を最後にお届けします!

 

 

 

まとめ

 

今回は、2021年10月31日投開票となる衆議院総選挙に日本共産党として神奈川2区で立候補している明石行夫さんのWikiプロフィールや経歴や学歴(高校・大学)に加え、その家族についての情報をお伝えしました。日本共産党はどれだけ議席をのばせるのか?今後の選挙の行方を見守っていきましょう!

 

コメント

error:Content is protected !!